シューズ

おすすめダイエット ダイエット方法 有酸素運動 運動

ウォーキングダイエットで痩せた!ブログからポイントを紹介

有酸素運動のなかでも軽いウォーキングですが、継続することで痩せることができた方もたくさんいらっしゃいます。

そこで、こちらのブログでは実際にウォーキングダイエットで痩せることができた方の体験談をもとに、方法やポイント・継続するためにはどうしたらいいかなどをお伝えします。


ウォーキングダイエットの前に!カロリー消費はどのくらい?

女性のストレッチ

ウォーキングダイエットは、水泳・ランニング・筋トレに比べてカロリー消費量の少ない運動といえます。


ウォーキングを体重50㎏の方が時速4㎞30分歩いた場合、距離にすると2㎞消費カロリーは約80kcalです。

ランニングと比較してみると、同じスペックの方がゆっくり走った場合、距離は4㎞程で消費カロリーは220kcalと倍以上にも及びます。


消費カロリーは大きくはないものの、痩せることができる方が多いのは、継続しているからです。



体重1㎏痩せるのには、7200kcal消費しなければならないとされていますが、1日30分で80kcalなので期間にすると以下のようになります。

あわせて読みたい

7200kcal ÷ 80kcal = 90日

90日間で1㎏痩せる計算で、30分ではなく1時間歩けば45日で1㎏です。



痩せた方々は1日に2時間も3時間も歩いているわけではなく、1日に30分から1時間程度でした。

次項では、ウォーキングダイエットで成功した方のブログを参考にして、みなさんが心がけられているものをいくつか挙げていきます。


ブログを参照!ウォーキング中に心がけていることが多いもの

運動している足元

ウォーキングをする際に多くの方が心がけているものを、色々なブログ参考にして6つ挙げていきます。


今後、ウォーキングダイエットをする際の参考にしていただければ幸いです。


歩くフォーム

ウォーキングをスタートしたばかりだと、どうしてもゆっくりとお散歩をするように歩いてしまいがちかもしれません。


「ダイエットのために歩いている」という意識を持ち、歩く速度はやや速めがよいのと、腕の振り方も大きくしている方が多いです。



しかし、大げさにやりすぎると肩や足を傷めてしまうので、こちらのサイトを参考にしてみるとよいです。

 

歩く距離や時間

歩くフォームが整ってくると自然とスピードが出るので、ゆっくり歩いていた頃よりも長い距離を歩くことができるようになっているかと思います。

今まで30分かけて歩いていたところを20分で歩けるようになった場合、速くなったスピードで30分歩くようにします。



「最低でも1時間歩かなければだめ」「5キロ歩かなければ」「1万歩達成したら家に帰る」と決めている方もいますが、距離や時間は自分のライフスタイルや体力に合わせるほうがいいでしょう。


慣れてきたら、お休みの日は長距離に挑戦しても良いですし、お弁当を持ってピクニックとウォーキングがてら歩いて出かけるのもいいですね。

ピクニックがてらだったら気分転換にもなるし、楽しめるね!

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

楽しく続けていくことが大事だね!

坂道は避けない

ウォーキングをするエリアによっては坂道もあるかと思いますが、できる限りそういった道を歩くように心がけている方もいました。



坂道を歩くのはとても効率的で、筆者も時間がないときはジムなどで30分間傾斜モードにして歩くようにしていました。

マシンの画面には消費カロリーが表示されるのですが、平面を歩くモードよりも傾斜モードの方が圧倒的に消費カロリーが高かったです。


食べ過ぎない

ウォーキングダイエットをする上で、重要になってくるのが食事管理で、食事の内容をコントロールする必要があります。


1食における摂取カロリーは、ウォーキングを1時間やったカロリーには到底及ばないので、高脂質・高カロリー・高糖質なものを食べすぎてしまえば、一向に痩せることはありません。

「運動しているから」と偏った食事ではなく、PFCの割合なども考えつつ、栄養バランスを保ちましょう。


 

 

筋トレも有効?

ウォーキングなどの有酸素運動の前に無酸素運動である筋トレを行うと、ウォーキングの効果が高まるとしています。

また、筋肉を付けることは太くなってしまうわけではなく、基礎代謝の向上にもなるのでおすすめです。


ウォーキングダイエットに成功した方のブログでは、二の腕痩せをしたく、先に腕の筋トレを行ってからウォーキングに行くことを続けていたら、少し効果が見られたそうです。


お菓子はある程度我慢が必要

先にもお話ししましたが、ウォーキングのカロリー消費量はそれほど高くはありません。

そのため「また明日も歩くからいいや」と、お菓子をたくさん食べてしまっては逆に太ってしまう可能性もあります。


どうしてもお菓子を食べたくなったときは、おからクッキーやおからケーキなどを手作りしておいたり、プロテインバーなどを活用したりするといいかもしれません。

ただ、それもたくさん食べてしまえば太る原因になるので、ある程度制限して食べるようにしましょう。

 

 

多くのブログで共通?シューズは大事

スポーツシューズ

ウォーキングダイエットをしているブログの方々のなかでも、多くの方が重要視しているのはウォーキングシューズでした。



慣れてきたり時間があったりすると、1時間・2時間など比較的長時間歩くこともあるかもしれませんが、その際足に合わないシューズを履いていると足の疲れを感じやすくなります。

また、シューズが自分の足に合っていないと、歩くフォームが崩れやすくなり、腰に負担がかかったり歩きにくさを感じたりすることもあります。


とある方は高性能のウォーキングシューズに変えたところ、それが自分には合わなかったようで、腱を傷めてしまったといいますから、それほどシューズ選びは大事ということです。

一方で、自分に合うシューズを見つけた方は「絨毯の上を歩いているかのようにフィットする」と感じたといいます。


さらに、デザインも自分好みのものにすると、履いていて気分も上がりますね。

ブログから分かる!ウォーキングダイエットを続けていくために

運動中にスマホを見る

それでは、ウォーキングダイエットで痩せることができたブログの方々は、どうして継続することができたのでしょうか。

「継続しなければ」と考えることもあるかと思いますが、人によっては楽しむために行くという方もいます。


以下は、ウォーキング中に楽しめるいくつかのことをまとめてみました。


音楽を聴くため

一日のなかでゆっくり音楽を聴くことができる時間はウォーキング中であるため、「音楽を聴きたいからウォーキングをする」という意識に変わったという方もいます。


景色を見るため・感じるため

数回歩いた道でも、季節が変わったり虫や鳥などがいたりすると、新鮮に感じるものです。


雨あがりの翌日のすっきりとした空気の香りや、雲一つない空を見ながら歩くとストレスも発散されそうですね。


妄想する時間の確保

ウォーキングダイエットをしている方のなかには、妄想をしながら楽しんでいる方もいます。


自分が痩せた際にはどのような服を着ようか、どういうメイクが似合うか、誰とどこに行きたいか、誰に痩せた自分を見てもらいたいかなどを考えます。

何もしていない時に考えるよりも、ウォーキングをしているときの方が実践している最中なので、よりリアルにイメージができそうですね。


ダイエット後もウォーキング?

草原のなかを歩く男性

ウォーキングダイエットで痩せることができた方のなかには、そのまま習慣化して続ける方もいます。

その理由としては、体型を維持するためです。


ウォーキングを辞めてあまり運動をしない生活を送ることになると、生活習慣によってはリバウンドをしてしまうかもしれません。

そうならないようにするために、ダイエットしていた頃よりも軽めにウォーキングを継続するのもよいですね。



また、ウォーキングダイエットをやっているブログの方の年齢によっては「身体を動かしておけば、もっとアクティブに人生を楽しめる」と考える方もいらっしゃいました。

ダイエットのみならず、ウォーキングを健康維持に役立てるのもいいですね。


ダイエットのためにウォーキングを習慣化しよう

ウォーキングでダイエットを成功させるためには、食習慣を見直しつつ、甘いスイーツはある程度我慢が必要といえます。

数日で効果が期待できるダイエットではありませんが、楽しみつつ長期戦で成功させてみませんか?

-おすすめダイエット, ダイエット方法, 有酸素運動, 運動

Copyright© ヘビラボ ~health beauty Labo~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.