オオバコのつぼみ

ヘルシー 食事

オオバコにはデメリットもある!体験談やできる対策

オオバコは満足感を得られるものであるため、ダイエット中のメニューに加えることがあるかもしれません。

しかし、オオバコにはデメリットがあるので、いくつかの体験談や私が感じたことなどを踏まえてお話しします。


デメリットに対する解決策もご紹介しているので、初めて摂り入れる方も参考にしてみてくださいね。


オオバコはダイエットに嬉しい効果が期待できる?

スリムなお腹

いくつかの記事でもお話ししましたが、オオバコは血糖値の上昇だけでなく空腹感も抑えることができるので、ダイエットをしている方にお勧めです。



また、便秘に悩まされている方もサイリウムで改善することができるかもしれません。




ちなみに、オオバコを使ったゼリーはとってもツルツルでおいしかったです。

このように身体にも嬉しいオオバコですが、デメリットもあるので次項から2つご紹介していき、その対策についても考えていきましょう。


注意したい!体験者が感じたオオバコのデメリット

トイレにいる人形

実際にオオバコを摂取して感じた体験談とそのデメリットを見ていきます。


尿意が少なくなった

オオバコの粉末にお水をかけて軽く混ぜてみると分かりますが、尋常ではないくらいの水分を含みます。

そのため、一緒に摂取する水分の量が少ないとお腹の中にある水分を吸収してしまう可能性が考えられます。


そうなると、普段よりも尿意を感じる回数が少ないということになり得るかもしれません。

えええ?!尿意が少なくなるとちょっと心配に思えるね汗

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

でも、逆に便意が多くなってしまうこともあるんだよ!




便意が多くなった

尿意は少なくなったものの、多く感じるようになったのは便意のほうになることがあります。

上でご紹介した記事にもありますが、オオバコは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の塊であるため、条件が整ってしまえば便意が訪れることでしょう。


便秘とは無縁のように思えますからダイエットにもよいと考えられますが、普段の生活を送っていていつ何時でもトイレに行ける環境は、お休みでゆっくりと家にいる時くらいではないでしょうか。

便意が仕事中や授業中に何度も来てしまえば、目の前のことに集中することが難しくなるため、デメリットに感じることでしょう。



人によってもどの程度トイレに行くことになるのかは異なりますが、体験した方によると20回以上入ったとありました。

20回も…その人とっても大変な思いをしたね

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

トイレと友達とはまさにこのことかもしれない汗




推奨されているオオバコの摂取量

オオバコは確かに水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富ですから、人によってや摂取量によっては、便意が頻繁に訪れ何度もトイレに行く必要があるかもしれません。


推奨されているオオバコの摂取量は一日に約16g~20g程度といわれていますが、それは個人差があるので最初のうちは少量から試してみるのもよいかもしれません。

また、一日の摂取量を一度に摂ってしまうのではなく、小分けにしてみると程よい排便に繋がるかも知れませんね。


ただし、体に合わないと感じるのであれば使用を中止し、他の食品でバランスよく食物繊維を摂取していけたらいいですね。



その場合は、おからやオートミールも食物繊維が豊富なのでおすすめです。

オオバコのデメリットはまずいこと?

不味そうに食べる

さらに、オオバコのデメリットを上げるとしたら味についてです。


私がオオバコを初めて取り入れたのは、餅の代わりにするというものでしたが、その際に味の違和感を覚えました。

文章で説明するのは難しいですが、独特の臭いがある気がします。



最初は、水で練ったオオバコを軽くレンジでチンして練り上げたものに醤油をつけて海苔を巻き、磯部餅のようにして食べていました。

しかし、醤油の香ばしい香りにも磯の香りにも勝ってしまう独特な臭いが鼻を通ります。



他にも、きな粉と黒蜜をかけてみたり、餡を巻いて餡子玉のようにしてみたりしましたが、どの方法もサイリウムの臭いが残っていて食べにくいです。


どうしても気になったので、この方法での食べ方は断念し、上でご紹介したオオバコゼリーに行きついたということです。

ダイエット中でも簡単に甘いおやつが食べられるのは嬉しいですね。


ただし、比較的味の濃いものと合わせる必要があることから、自由度が低い点やオオバコ特有の香りがデメリットだと感じます。


こんなデメリットも?オオバコは調理が難しい!

水道から流れる水

オオバコを調理する際に、冷たい水分で練って終わりであれば特に問題はありませんが、レンジで加熱をする際はすぐにダマになってしまいます。

そのため、レンジから出してからすぐに混ぜる必要があるので、とてもせわしないクッキングになる可能性があります。



次に入れる材料はあらかじめ傍に準備しておき、手際よく進めていけるようにしておきたいですね。

また、レンジで加熱したものを混ぜる際は、入れものを押さえておく必要があり、何度かやけどをしました。



慣れるまではデメリットに感じますが、手順やこの後に起こりうることも分かってくれば、それほど気にならないかもしれません。


摂取方法を知らないと危険かも?

水を飲む男性

オオバコの摂取方法は、食べものに少し振りかけてみたりスイーツや小麦料理に少し入れて満足感を上げたりなど様々です。

とてもシンプルな摂取方法のなかには、コップに入れた水に溶かして飲むというものもありますが、「その方法はおすすめできない」という声がいくつかありました。



理由は、オオバコが水に溶けたとしてもかなり重たいゼリー状になってしまうため、窒息してしまいそうになった方もいるためです。


「たくさんの水と混ぜれば飲めるかも」と思う方もいるかと思いますが、オオバコは50~80倍にまで膨れ上がるので、これでもかというほど水を吸収すると覚えておきましょう。

どうしても、水に溶かして飲みたい場合は、オオバコの量をごくわずかにして様子を見ながら水をつぎ足して飲みやすい粘度まで薄めてみてください。


オオバコのデメリットを理解して摂り入れよう

オオバコ畑

オオバコの食物繊維は痩せ菌であるバクテロイデス門を活発にしてくれるものが含まれているといわれているので、ダイエットに嬉しい効果が期待できます。

しかし、デメリットもあるので、それも理解したうえで摂り入れていきたいですね。

水に溶かして飲む際は、少量のオオバコを溶かして様子を見ながらにして、窒息には十分気を付けてください。

-ヘルシー, 食事

Copyright© ヘビラボ ~health beauty Labo~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.