シロップ

おやつ 食事

カロリーゼロのシロップ3種ご紹介!ダイエット中の幸せ時間

こんな方におすすめ

  • カロリーゼロとカロリーオフの違いは?
  • カロリーゼロの商品はどんなものがある?
  • メープルシロップの糖質量は?※はちみつ・砂糖と比較
  • Walden Farms・MYPROTEIN・低糖工房のシロップの特徴
  • 人工甘味料の安全性は?

パンケーキなどにかけると豊かな香りを加えることができるシロップですが、ダイエット中となると気になるのは糖質やカロリーです。

しかし、カロリーゼロやカロリーオフのシロップがあるのをご存知ですか?

3つのメーカーのシロップを特徴と一緒にご紹介するので、参考にしていただけたら幸いです。

 

カロリーゼロって?カロリーオフとは何が違うの?

カロリーゼロのシロップについてお話しする前に、カロリーゼロの意味をおさらいしておきましょう。

カロリーゼロだけじゃなくて、カロリーオフも聞いたことがあるけど、どんな違いがあるの?
ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや
まずカロリーゼロの意味を見ていこう!

 

2003年に出ている健康増進法第31条第1項にある規定を基本とした厚生労働省の告示で、良いバランスの食生活を送るためにある工業規格によると次のように分けています。

飲食物100mlもしくは100gのエネルギーが5キロカロリー未満の場合は「カロリーゼロ」と表示されます。

カロリーオフは、飲食物100mlもしくは100gのエネルギーが20キロカロリー未満の場合に表示されます。

たあや
たあや
他にも、ノンカロリーやカロリーなしもカロリーゼロと同じ扱いになるよ
頭のなかがこんがらがってきた~!
ぷにちゃん
ぷにちゃん

 

5キロカロリー未満
カロリーゼロ・ノンカロリー・カロリーなし

20キロカロリー未満
低カロリー・カロリーオフ・カロリー控えめ・ローカロリー・カロリーカット

 

シロップだけじゃないカロリーゼロの商品は多い

ダイエットをしている方のなかには、「カロリーを気にしている」という方も多くいるかと思います。

リバウンドを防いだり健康的な生活を送ったりするためにも、ダイエット中は無理な食事制限をしないほうがいいですが、時々は甘いものを楽しみたいです。

 

ストレスを極力溜めないために、チートデイというものを設けて発散する方法もありますが、カロリーゼロのものを食べて罪悪感をなくすといのも1つの方法といえるでしょう。

近年販売されているカロリーゼロの商品はどんなものがあるでしょうか。

 

ジュース

炭酸飲料や乳飲料など、糖やカロリーを抑えている、もしくは完全にゼロのものを見かけますね。

コカ・コーラもそうですが、ジュースのなかにはカロリーがカットされているものと、カットされていないノーマルなものの種類があるものも見かけます。

 

通常の飴だと、糖分やカロリーが気になりますが、カロリーゼロの飴なら気兼ねなく食べられます。

味の種類もたくさんあるので、飽きることなく間食として取り入れられるのもの魅力の1つです。

 

ゼリー

カロリーゼロのゼリーも、スーパーやコンビニで見かけます。

通常の柔らかさのゼリーのなかに少し固めのゼリーが入っているものなどは、味の満足感だけでなく食感も楽しめます。

CMなどでもなじみのある蒟蒻ゼリーからもハンディータイプのゼリーが販売されていますが、とってもおいしいです。

「食事をコンビニで簡単に済ましてしまうけど満足感が少なくデザートを食べたい」というならばおすすめです。

 

 

シロップ

パンケーキなどにかけるシロップにも気を配りたい方もいますよね。

「そもそもダイエット中にパンケーキを食べることはどうなの?」と思う方もいるかもしれませんが、おからパウダーなどを使用した、ダイエット向けのレシピもあります。

 

 

シロップのご紹介を後ほどするので、ご参考になれば嬉しいです。

 

メープルシロップのカロリーと糖質量は?

カロリーゼロの違いや、カロリーゼロの製品について簡単にお話ししたので、ここからはシロップに焦点を当ててお伝えしましょう。

 

シロップというと、ガムシロップやかき氷のシロップなどの種類がありますが、こちらの記事ではケーキにかけるようなシロップでお話しを進めていきます。

通常のメープルシロップのカロリーは100gあたり257キロカロリー程度となっていて、気になる糖質量は66.3g(100g中)です。

つまり、メープルシロップの半分以上は糖でできているということです。

 

しかしメープルシロップは、はちみつや砂糖と比較すると比較的ヘルシーであるといえます。

はちみつ100gのカロリーは294キロカロリー、糖質量は79.3gです。

砂糖の場合ですと、上白糖100gのカロリーは384キロカロリー、糖質量は99.2gです。

 

参考資料はこちらです。

それでは、シロップのカロリーゼロというのはどういうものなのでしょうか?

 

カロリーゼロのシロップとは?おいしいの?

メープルシロップの半分は糖質であることが分かりましたが、近年、糖類ゼロのシロップやカロリーゼロのシロップがいくつか販売されています。

こちらでは、そのうちの3つの商品をご紹介します。

 

Walden Farms パンケーキシロップ

ゼロカロリー特有の甘みが抑えられた人気の高いシロップです。

メープルシロップと比較しても引けをとらないおいしさで、トロッとしています。

 

パンケーキにかけるだけでなく、コーヒーや紅茶に少し入れると風味と優しい甘さを堪能できます。

味はメープルだけでなく、ストロベリー・チョコ・ブルーベリー・キャラメルンなどがあり、飽きることなく楽しめます。

なお、こちらはカロリーゼロとなっています。

 

 

MYPROTEIN シュガーフリーシロップ

プロテインで有名なMYPROTEINから発売されているシロップです。

MYPROTEINの良さは、何といっても味の種類が豊富なこと。

ラズベリー・ゴールデンシロップ・チョコレート・マンゴー・ストロベリー・ブルーベリー・メープル・バニラ・バタ―スコッチと、9種類の味を揃えています。

 

飲みものに混ぜた方の感想は溶けにくかったとの声もありますが、パンケーキに付けるとなれば気になりません。

とろみが強めなので、同じく濃厚であるヨーグルトなどに合うかもしれません。

ヨーグルトと一緒にオオバコパウダーやオートミールを入れるのもよいでしょう。

 

 

 

なお、こちらは100gで2.4キロカロリーなので、ゼロカロリーとなります。

公式サイトで確認すると2090円と少し割高な気もしますが、400gと多めに入っています。

毎日大量に使用するものではないですし、パンケーキなどを購入せずに手作りするのなら気にならないかもしれませんね。

 

低糖工房 糖類ゼロ シロップ メープル風味

砂糖などの糖類が使用されていない商品で、変わりにスクラロースなどで甘さを出しています。

本物のメープルシロップではないものの、糖質制限をしている最中に甘い幸せを感じられるならありがたいです。

本物と比較してしまうと甘さもトロミも人工的な印象であるものの、それでも味は美味しいと高評価です。

なお、こちらのシロップのカロリーは100gで29キロカロリーなので、カロリーオフの商品です。

 

 

カロリーゼロの製品に使われている人工甘味料って?

先ほどは、カロリーゼロやカロリーオフのシロップを3つご紹介しましたが、こういった製品に使用されている人工甘味料はどういったものなのか考えてみましょう。

 

先に挙げたWalden Farmsと低糖工房、MYPROTEINに使われている甘味料はスクラロースというものです。

スクラロースは1976年に開発されたもので、砂糖で表現すると600倍もの甘さを持っています。

甘さが強いため、少しの量でも食品に甘味を付けることができます。

 

砂糖の600倍の甘さと聞くと少し驚きますが、多くの国の飲食物に使用されていますし、安全かどうか多くの研究がいくつもされています。

発がん性がないこと、遺伝子の損傷がないこと、免疫系に悪い影響はないことなどが確認されている一方で、「安全ではない」という声もあります。

 

スクラロースの安全性は、多くの国の規制当局によって確認されています (FDA、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議 〈Joint FAO/WHO Expert Committee on Food Additives:JECFA〉、欧州委員会食品科学委員会(Scientific Committee for Food of the European Union:SCF)、カナダ保健省、オーストラリア/ニュージーランド食品安全局など)。

日本コカ・コーラ株式会社

 

それでも不安だという方は、天然甘味料のラカント10g程度と水大さじ2杯を煮たてたところに、メープルエッセンスを入れて手作りしてしまうのもいいでしょう。

ラカントは羅漢果というウリ科の植物で砂糖の300倍の甘さを持っています。

なお、100gあたりのカロリーはゼロです。

 

私自身も料理をするときにラカントをよく使用しますが、砂糖と比較すると少し甘みが弱い気がします。

それから、焼き菓子などに入れるときは、砂糖の分量をラカントで置き換えるのではなく、専用のレシピを検索した方がおいしいものができるでしょう。

 

カロリーゼロやカロリーオフのシロップで幸せな時間を

ダイエット中でも甘いものは食べたいという方は、カロリーゼロやカロリーオフのシロップを試してみてはいかがでしょうか。

本物のメープルシロップと比較すると「ちょっと違う?」と感じるかもしれませんが、甘くてとろっとしたものをいただけるのは、幸せですよね。

もしも、人工甘味料の安全性が気になるようなら、天然甘味料でシロップを手作りしてみるのもよいでしょう。

-おやつ, 食事
-,

Copyright© ヘビラボ ~health beauty Labo~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.