プランク

おすすめダイエット ダイエット方法

ダイエットのために運動を毎日したい!痩せない理由って?

ダイエット中であれば「毎日運動しないと!」と決めて、日々追い込んでいる方も少なくないかもしれませんね。


毎日運動することは、ダイエットにおいてプラスなのでしょうか。

こちらでは、毎日運動することのいいポイントと、よくない噂などを見ていきます。


併せて、運動するときの注意や、痩せなくなったことの考えられる理由もお伝えします。


有酸素運動で得られる効果はダイエットだけじゃない?

歩く

最初に、有酸素運動をするとよいところから見ていきましょう。


有酸素運動は、ランニングや水泳・ウォーキングなど筋肉を収縮させる際のエネルギーに、酸素と体脂肪が必要な運動をのことをいいます。

筋トレに比べると比較的長時間行うものが多く、軽度から中度の負荷でおこないます。


有酸素運動について細かく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。



有酸素運動を毎日おこなうことで得られる身体へのよい影響は、次のものが挙げられます。


血圧が安定しやすくなる

身体を動かすことによって使われた全身の筋肉は、酸素とエネルギーを必要としますが、その際に血圧が上昇します。

するとホルモンがそれを下げようと働くので、有酸素運動を習慣づけると血圧が安定しやすくなるといいます。


このことから、有酸素運動はダイエットだけでなく、健康維持にも繋がるといえます。


基礎代謝が上がる

筋トレを行うと、筋力が増えることによって基礎代謝が向上するといいますが、有酸素運動でも筋力の強化が期待できます。

有酸素運動によって筋肉に程よい刺激を与えることで、血流がよくなり、新陳代謝も向上するといいます。


持久力がつく

長距離を走ることが苦手だったり、疲れやすかったりする方もいるかもしれません。


有酸素運動を習慣化することによって、心肺機能が向上してスタミナがつくことも、期待できる嬉しいことの1つです。


「有酸素運動はダイエットにあまり意味がない」という説を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

しかし、決してそのようなことはなく、上記のように体に嬉しいことが期待できるのです。

ダイエットしているなら必見!無酸素運動で得られる効果は?

筋肉のある女性

運動には、有酸素運動意外に無酸素運動もあるので、これがどんなものなのかお伝えします。

そして、無酸素運動を習慣化することによるメリットも見ていきましょう。


無酸素運動は筋トレや短距離走など、強い力を瞬間的に使うような運動のことをいい、心拍数を一気に上げます。


有酸素運動は酸素と体脂肪が必要だったのに対し、無酸素運動はグリコーゲンという糖質をエネルギーとして使用します。

無酸素運動をおこなうと疲労物質である乳酸が作られますが、有酸素運動によって乳酸が分解されてエネルギーとして使われます。


無酸素運動に関する内容は、上でご紹介した記事をご覧ください。


なお、無酸素運動をおこなうメリットは次のことです。


血糖値を下げてくれる

無酸素運動をすることによって、血液中のブドウ糖を減らしてくれるため、血糖値を下げてくれる効果があるといいます。

たあや
たあや

つまりは、インスリンの分泌量が減るってことだね!

ということは…?どういうことなの?

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

脂肪が合成される量が減るってことだよ~!

おー!ダイエットにとっても嬉しいことだね!

ぷにちゃん
ぷにちゃん




脂肪燃焼の効果が高まる

無酸素運動は、筋肉のなかに流れる酸素の量が増えるため、この状態で有酸素運動をおこなうと効率がよくなります。


「筋トレをおこなううと、がたいのいい身体になってしまう」と心配する方もいますが、筋肉はダイエットの味方になってくれるものですから進んで筋トレをしましょう。


以下の記事は筋トレの記事で、やり方も書かれているので参考にしてもらえたら幸いです。


それでは、有酸素運動も無酸素運動も毎日おこなってもよいものなのでしょうか。

ダイエットの噂も知っておこう!毎日運動してもよい?

肥満体型の女性

運動を取り入れたダイエットをするなら、「毎日でもやろう」と決めてトライする方もいますが、果たしてこれはダイエット効果を下げてしまうなどのよくない影響があるのでしょうか。


まずは、有酸素運動から見ていきましょう。


実は激しい有酸素運動を毎日おこなうと、ダイエット効果が出にくくなるという説も浮上しています。

どういうことなの?毎日やったほうがいいんじゃないの?

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

私も驚いたよ!でも身体が慣れていくっていう噂もあるんだ

人間の身体は有酸素運動の負荷に自然と適応して慣れていくとされており、毎日すると燃焼しにくい身体を作るともいわれているのです。


また、極度に有酸素運動をしてしまうと、身体が省エネモードのように切り替わってしまうとも噂されています。

そのことを踏まえて考えた場合、ダイエット中の幸せな1日である「チートデイ」で、好きなものを好きなだけ食べてしまうことは、太ってしまう可能性に繋がるとしています。

ガーン!その噂本当だったら、とってもショック!

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

後で、このことについての話をもう少しするから、安心してチートデイで何を食べるか考えていて大丈夫だよ~!



他にも、身体が極度のエネルギー不足に陥っている状態で、毎日有酸素運動をしたとします。

そうすると、脂肪だけでなく筋肉も分解されてエネルギーとして使われてしまうこともあるともいわれているのです。


筋肉は基礎代謝量を上げるために維持・または強くしたいので減ってしまっては困ります。


次に、無酸素運動についても軽くお話ししておきます。

トレーニングをした場合、筋肉が傷ついている状態になるため、修復期間が必要です。

しかし、それを無理やり毎日おこなってしまうと、修復する時間が少なくなり怪我に繋がることがあります。

運動を毎日行っても大丈夫!実は根拠はなかった!

OKをする女性

前項では毎日の有酸素運動と、連日同じ部位の無酸素運動をすることはダイエットや身体にもよくない影響があるというお話しをしました。

しかし、上で話したことのなかの「有酸素運動を毎日すると身体が慣れる」という情報の根拠はないとしています。

たあや
たあや

他にも、基礎代謝量が下がってしまう恐れがあると伝えたけど、そうなったとしても本当に微々たるものなんだよ。

それなら安心してトレーニングに励めるし、チートデイも好きなものを食べられる!

ぷにちゃん
ぷにちゃん


このことから、後半にお伝えするいくつかのポイントに気を付ければ、有酸素運動や無酸素運動を毎日おこなっても大丈夫です。


しかし、実際に運動を取り入れてダイエットをしていた方のなかには「だんだん痩せなくなった」ということもあるといいます。

それに関しては、次項で見ていきましょう。


痩せなくなった理由は毎日の運動のせいじゃなかった?

伸びをする女性

ここからは、毎日運動をしているのにも関わらず、全く痩せなくなった方の理由を見ていきます。

考えられる理由は、こちらの記事では3つ挙げていきます。


排便がスムーズになった

有酸素運動や無酸素運動を取り入れると自律神経が働きますし、身体を動かすことで血行改善につながります。


腸の血行も改善されるため、排便がスムーズになります。


最初の頃は、便の分の重さが無くなることで体重の減少がみられます。

普段から温活できるドリンクを飲む習慣を作って、身体や腸を温めておき、便秘とは無縁でいたいものです。




水分量が減った

運動をする習慣が続くと、むくみ改善なども期待できるため、水分の重さがなくなることによって体重が減少します。

また、汗をかくことも身体の水分量が減ることに繋がります。


一週間程度の有酸素運動では、なかなか脂肪を燃やした実感は得られないかもしれません。




停滞期がきたから

有酸素運動をおこなうにつれて、身体はこれ以上体重が減少しないように「コルチゾール」を分泌することもあります。


コルチゾールは脂肪の合成を促すだけでなく、食欲も増幅してくれることからダイエットの敵としても知られています。


しかし、寝ているときなどにもエネルギーが必要で、そのためのエネルギーを確保するために脂肪を燃焼してくれる役割も持っています。


無酸素運動で痩せにくい理由は、こちらもご覧ください。

運動をダイエットのために毎日やりたい!どうしたらいい?

腹筋の割れた女性

これまで、運動することで得られる効果や、運動をしているのにもかかわらずなかなか痩せない理由についてもお話ししました。


ダイエットの結果を出すには、短期間ではなく、長期的に運動を取り入れる必要があります。

それなら毎日習慣化したいものですが、先ほどのような噂もありますから、毎日おこなっていいか心配になる方もいらっしゃるかもしれません。


運動を毎日する際に気を付けるポイントを、有酸素運動・無酸素運動それぞれお伝えします。


無酸素運動は筋肉の回復を考慮する

筋肉が回復するスピードは個人差があるだけでなく、部位によってやトレーニングの強度によっても異なります。

また、どの程度傷ついているかによっても回復時間は違います。


程度によっても違いはありますが、おおよそ3日に1回から、もしくは1週間に1回程度がよいでしょう。

ただし、これは全身の筋肉を1日で鍛えたことを想定した場合です。



毎日したい方は、その日にトレーニングした部位は数日間休ませて、まだ鍛えてないところを翌日に鍛える、これをローテーションでおこないます。

そうすれば「毎日鍛えたい」という願いも実現することができます。


有酸素運動は軽め・ゆっくりがおすすめ

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を、毎日の習慣にしたい方もいらっしゃることでしょう。

それならば、ウォーキングの場合であれば6㎞程度を、ジョギングの場合は同じくらいの距離をゆっくりと走るといいです。


水泳だとしたら、息継ぎが必要でハードな動きの泳ぎではなく、常に顔を上げてゆったりとしたものにしておきます。

毎日運動するときはここに注意しよう!

ご飯を食べる女性

最後に、運動を毎日する際に心がけておきたいことを見ていきましょう。


栄養をしっかり摂る

まずは、身体を作るためにも大事な栄養補給です。


筋肉を修復・合成するためには栄養が必要ですが、タンパク質だけ摂っていればいいわけではありません。

それ以外にも、以下のものを積極的に摂取したいです。

タンパク質以外に摂りたいもの

  • ビタミンB
  • ビタミンD
  • ビタミンC
  • マグネシウム
  • 鉄分
  • カルシウム


「毎日調理する時間はない」という方は、1週間分の野菜やお肉・キノコなどを入れたスープを手作りして、冷凍保存しておきましょう。


解凍するときは、できるだけ栄養を確実に摂取するためにも、レンジではなく手鍋などに氷状のスープをあけて温められるといいですね。





糖質を避けすぎない

ダイエットをしているとどうしても控えたくなるのが糖質ですが、控えすぎてしまうと、筋肉をエネルギー源にしてしまうということになりかねません。

普段から体を動かしているのならば、多少糖質を摂取したとしても影響はないと考えられます。

毎日運動してもOK!ダイエットを成功させるために

運動している足元

ダイエットのために毎日運動することは、「身体が慣れてしまう」「筋肉が減ってしまう」などの噂がありました。

運動を毎日おこなう場合は、お伝えしたポイントを押さえて実行してみてください。

また、筋肉を回復させるためにはタンパク質だけでなく他の栄養も必要なので、バランスを考えてダイエットを成功させましょう。

-おすすめダイエット, ダイエット方法

Copyright© ヘビラボ ~health beauty Labo~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.