ダンスを楽しむ女性

おすすめダイエット ダイエット方法 有酸素運動 無酸素運動 運動

ダンスダイエットは効果抜群!実際にやっていた動画3本紹介

youtubeなどでもたくさんのダンスダイエット動画がアップされていますが、やったことのない方や「やってみたけど痩せるのか謎」と感じる方もいるかもしれません。

実際にダンスダイエットに効果は期待できるのか、こちらの記事でお伝えします。


エネルギー消費量や体験談も書いてあるので、参考にしてみてくださいね。


効果抜群?ダンスダイエットって?

海で踊る人

色々な種類の有酸素運動がある中で、ダンスは全身を使うため激しい部類に分けられます。


全身の筋肉を使うため筋肉量がアップするだけでなく、血流もよくなるため基礎代謝も上げてくれます。

基礎代謝は他の記事でもお話ししましたが、何もしなくても消費するエネルギー量のことをいいます。


ご自分の基礎代謝が気になる場合は、こちらの記事で計算サイトが載っているので知っておくのもいいでしょう。



ダンスダイエットは基礎代謝の向上だけでなく、ストレス発散の効果も期待できます。

ダイエットをしていると、食事の制限をしている方もいるかと思いますが、食べたい欲求を我慢することでたまるストレスを運動で解消することができることでしょう。

楽しく踊って、ストレス発散もできて基礎代謝も上がる素敵なダイエット方法なのです。


ダンスダイエットで痩せる!エネルギー消費はどのくらい?

体重計

ダンスダイエットがダイエットだけでなく、ストレス発散の効果も期待できることが分かりましたが、どれほどのエネルギーを消費することができるのでしょうか。

ダンスの種類や動きにもよりますが、1時間継続して踊った場合は以下のようになっています。

ただし、この消費量はその方の体重などによって変動しますので、参考程度に考えてもらえればと思います。

【軽い振り付けのダンス】
女性:178kcal
男性:256kcal

【激しめの振り付けのダンス】
女性:298kcal
男性:382kcal



上記のエネルギー消費量を見ても、多いのか少ないのか分かりにくいので、比較としてウォーキングとジョギングのものも見てみましょう。

【ウォーキング※1時間】
女性:168kcal
男性:216kcal

【ジョギング※1時間】
女性:470kcal
男性:606kcal



つまり、ダンスダイエットをすると、ジョギング程ではないけれどウォーキングよりも消費量が多いということが分かります。

ダイエットのためにウォーキングを日課にしている方は、天候が悪い時にダンスダイエットで補うのもよいかもしれません。

実際に効果があった?実体験してみた!

ダンスを踊る女性

先ほどはダンスダイエットがどのくらいのエネルギー消費をするのか数字でお伝えしましたが、実際にやってみないと効果があるのかは分からないので実体験をお伝えします。


ダンスダイエットをやるきっかけ

私自身、虫が苦手なので外での運動はあまりしないし、ジムもお金がかかるので月契約はしていません。


以前こちらの記事でもお話しに出たトレーナーさんは、1回利用のところです。


今は引っ越しをして遠くなってしまったため通えていませんが、こちらの記事では、当時自分が実際にやっていたトレーニングなどご紹介しています。

家でできるということは、ユニフォームもマスクも虫も気にしないでできるので、ダンスダイエットは私にぴったりの方法でした。


何のダンスダイエットをしたのか

ダンスは、Marina Takewaki先生のダンスがメインで、以下の動画を筋肉痛になった日以外毎日、4か月程度おこなっていました。

ゼェハァ…たあや!これめっちゃ楽しいね!

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

きついところもあるけど、たけまり先生が励ましてくれるから突破できるよね!

これなら続けていけそう~!

ぷにちゃん
ぷにちゃん

これ以外にもヒップのトレーニングなどを併せていたので、全部で合計1時間程度のトレーニングです。


ダンスダイエットは効果はあったのか

効果は絶大で、4か月で4㎏の減量に成功しました。

しかも、生まれて初めて腹筋に縦の線が入ったことにとても驚きました。

その間は食事制限も少ししていましたが、白米から玄米食にする・夜はできるだけ糖質を摂らないなど簡単なことで、我慢して食べないようにするなどはしていません。


他の方もいろいろなダンスダイエットに挑戦していて、中には「hands CLAP」という音楽で行う2週間10㎏痩せるダンスで3㎏痩せることができた方もいるそうです。

「hands CLAP」の動画はこちらです。



他にも、ダンスダイエットでダイエットに成功し、そこから定期的に続けることで上下2㎏位の維持ができているという方もいます。

ダンスダイエット!やってみたいけど振り付けは難しいの?

頬杖をついて考えるイラスト

実際にダイエットに成功したという声が多いと挑戦したくなるかもしれませんが、ダンスの振り付けは難しいのでしょうか。



「ダンス」というだけあって複雑にも思えるかもしれませんが、意外にも簡単です。

簡単というよりも、同じ動きを数カウントで続けるものが多いので、ついて行くだけでも大変という思いをしている方は少ないかもしれません。


もしも振り付けが難しいと感じて同じように出来なかったとしても、先に載せた動画のMarina Takewaki先生は「へたくそでもいいから」と、フォローの字幕をナイスなタイミングで入れてくれるので、元気づけられます。



ちなみに、個人的に振付が難しいと感じたものは「ZUMBA」というダンスエクササイズです。

サルサやレゲトン、ヒップホップなどのジャンルの曲が代わる代わる流れるため、振り付けを含めステップがとにかく難しいです。

しかし、踊れるようになるととっても気持ちがいいダンスでもあると思います。

参考


初めてダンスダイエットを始める方は、最初にZUMBAに挑戦してもいいですし、体を慣らすのに簡単なものからスタートするのも良いでしょう。

効果が出ない?その理由はこれかも!

ダンスの足元

ダンスダイエットをスタートしたのにも拘らず、なかなかダイエット効果が表れないこともあります。

その原因を3つにまとめてみたので、当てはまるものがあれば改善しましょう。


①動きに慣れてしまった

ダンスを踊り続けていると当然その振り付けに慣れてきます。

最初のころは、慣れない振り付けを見よう見まねで行うため、たくさんのエネルギーを消費していましたが、慣れてくるとエネルギーを使用する効率がよくなるため痩せにくくなるといいます。

そのダンスに慣れてきたら、違うダンスに挑戦すると解決するかもしれません。



②かっこいい振り付けのダンスを選んでいる

どちらかというと、負荷がかかりやすいダンスよりもかからないダンスの方がカッコいい場合もあります。

そういったダンスを選んでいる場合、痩せにくいという結果を招いてしまうでしょう。

一度ダンスを一通り見てから、ある程度ハードなものかを判断するといいですね。


③生活習慣が正しくない

いくらハードなダンスを踊っていたとしても、それ以上のカロリーを摂っていては痩せることはできません。

間食している場合は食べているものを見直しましょう。


また、睡眠不足や質の良い睡眠が取れていないと、糖や脂質などの「太る」といわれている食べ物の摂取量が増加しやすいともいわれています。

ほかにも新陳代謝の低下を招くこともあるので、一度生活習慣を見直しましょう。

ダンスダイエットに挑戦しよう!

ジャンプするイラスト

ダンスダイエットは継続して行うことで結果を出すことができるうえに、ストレス発散もできてしまうダイエット方法です。

私自身も痩せることができましたし、腹筋に縦線も入りました。

痩せない方法もチェックして健康的に綺麗になりましょう。

-おすすめダイエット, ダイエット方法, 有酸素運動, 無酸素運動, 運動
-

Copyright© ヘビラボ ~health beauty Labo~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.