切れているライム

ヘルシー 食事

痩せる飲み物って知ってる?3つのマジックドリンクの作り方

近年、痩せる飲み物を手作りすることができるため、摂り入れている方が増えてきました。

しかし、なぜ飲み物で痩せることができるのでしょうか。



こちらの記事では、痩せる理由や痩せる飲み物に使用する材料によって期待できる、嬉しい効果のご説明をします。

そして、最後に作り方も紹介しています。


痩せると話題の飲み物!そのわけは?

氷の入ったライムサイダー

近年話題になっているダイエットに効果が期待できる飲み物は「マジックドリンク」「ダイエットドリンク」「脂肪燃焼ドリンク」ともいわれており、たくさんの方がその効果を感じています。


痩せるといわれている理由は使用する材料にあり、脂肪燃焼効果やデトックス効果などが期待できるといいます。

また、糖の代謝を助けたり取り込みにくくもしてくれたりと、可能性あふれる、まさにマジック級な飲み物なのです。



後にお伝えしますが、作り方も簡単です。

ちなみに、この飲み物の発祥地は肥満大国で有名なアメリカで、太っている方たちの中で生み出されました。

飲み物の名前だけを聞くとちょっと怪しい気もするけどそんなことないの?

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

実際は、シンプルな材料で作れる安全な飲み物だよ~!



少ない材料で、しかも簡単に作れるとなればぜひ挑戦してみたいですが、どのような材料を使用するのでしょうか。

痩せる飲み物を作りたい!どんな材料を使うの?

グリーンスムージーの材料

痩せると話題になっている飲み物ですが、どんな材料を使用して作るのでしょうか。

皆さんが作っている痩せる飲み物の作り方から、よく使用される材料をピックアップしてみました。

  • ライム
  • レモン
  • オレンジ
  • すだち
  • パイナップル
  • イチゴ
  • キウイ
  • はちみつ
  • りんご酢
  • 寒天
  • シナモン
  • クミン
  • ミント
  • オレガノ

このように使用している材料を一覧にしてみると、柑橘系のフルーツが多いです。

また、ビタミンが多いと有名なものも入っています。


それでは、それぞれの食べ物がどのような効果を持つとされているのか見ていきましょう。

痩せるって本当?材料が持つ特徴や期待できる効果

レモン

痩せるといわれている飲み物に使用されている材料の特徴を見ていきましょう。

また、期待できるとされている効果もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。


ライム

ライムはクエン酸が入っていて、このクエン酸とライムの酸味によって血流をよくしてくれるといわれています。


血流がよくないと、むくみの原因や基礎代謝を下げてしまうことになり得ます。

また、クエン酸の効果で有名なのは疲労回復ですから、夜寝る前にもおすすめです。


レモン

レモンはクエン酸豊富で、ビタミンCだけでなくアンチエイジング効果が期待できるポリフェノールが含まれているため、美容にも優しいです。

腸の全運動を助けてくれるため、便秘がちな方にもよいです。

オレンジ

オレンジにはイノシトールが含まれています。

イノシトールは別名「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれていて、脂肪肝を予防することができるとされています。


ほかにも、血中にあるコレステロール値を正常に保ってくれるなど嬉しい効果があるといいます。


すだち

ちいさな果物すだちには、肥満を予防するためのポリフェノールが豊富です。


すだちの産地である徳島では中性脂肪が高めの方を11名集め、その方にすだちを食べてもらったところ、9名の方が中性脂肪の値が減ったといいます。

ほかにも、すだちの皮には抗酸化作用や血行促進の効果が期待できます。


パイナップル

パイナップルに含まれるプロメリンはたんぱく質を分解してくれるので、その後吸収する際に効率があがります。

そのため、トレーニングに勤しむ方にもおすすめしたい材料です。


ほかにも「マンガン」も含まれており、脂質や糖質に働きかける酵素に対してサポートの役割をしてくれるといわれています。


イチゴ

イチゴに含まれる「モリブデン」は摂りすぎに注意したいものの、糖質や脂質の代謝に働きかけてくれるだけでなく、造血にも関わってくれる万能な要素です。

また、カリウムも豊富なので、むくみ解消にもよいです。


キウイ

キウイにはカリウムやビタミンが含まれているだけでなく、「オスモチン」というファイトケミカルが含まれています。

オスモチンは、痩せホルモンに似た働きを持つとされています。


また、パイナップルと同じ様に、タンパク質の分解を促進する酵素が含まれています。


はちみつ

砂糖よりも低カロリーなことで知られているはちみつは、白砂糖などに比べると血糖値の上昇の仕方が穏やかであるため、脂肪になってしまう割合を減らす効果があるとされています。

砂糖よりも血糖値の上昇が穏やかであるにもかかわらず、甘いと感じる強さは砂糖の1.3倍にも及びます。


また、便秘にも効果があります。

ただし、はちみつを選ぶ際は加熱処理していない、栄養が残っているものを選びましょう。


りんご酢

酢に含まれている酢酸は、食欲をコントロールするのにも良いとされているので、就寝前の痩せる飲み物作りにおすすめしたい材料です。

また、酢酸には糖質の吸収を遅くしてくれる作用も期待できるといいます。


寒天

デトックス効果が高いことで知らている寒天は、食物繊維の爆弾とも呼ばれています。


基礎代謝の向上だけでなく、高血圧や高コレステロールを改善するのにもよいといいます。

腸の大掃除に摂り入れたいですね。


シナモン

シナモンは樹皮から作られるスパイスの1つで、脂肪細胞を小さくしてくれるほか、中性脂肪を減らしてくれるといいます。

ただし、人にもよりますが1日8g程度までにしておき、一日数回に分けて摂取しましょう。

たくさん摂取してしまうと、肝機能に悪い影響が及ぶ場合があります。


クミン

カレーのスパイスとしても使うことがあるクミンは、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やすという嬉しい効果が期待できます。


脂肪についてや悪玉・善玉コレステロールについては、こちらの記事でもご説明しています。

ミント

ミントは3500種類以上ある生命力の強い植物で、ロズマリン酸は抗酸化作用だけでなく、糖の吸収を穏やかにしてくれまます。

清涼感は身体を冷やすようなイメージですが、メントールという成分は体を温めてくれます。

身体を温めることは血流がよくなることに繋がるんだったよね!

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

そうだよ!食べ物は体を温めるものや冷やすものなどがあるから、季節や体調によって使い分けたいね

オレガノ

肉・魚どちらの量にもよく合うオレガノは、エネルギー代謝を向上させてくれるといわれているビタミン類が豊富です。

食べたものがエネルギーに変わりやすくなることは、脂肪が溜め込まれにくくなることに繋がります。


ヒーリング効果もあるので、夜のリラックスタイムにもぴったりです。


いつ飲んだらいいの?ダイエットのために取り入れたい

時計

痩せる飲み物に使用する材料や、その材料がもたらしてくれるという嬉しい効能や効果などもお話しました。


後に作り方をお伝えしますが、まずは飲むタイミングを見ていきましょう。

ダイエットに効果が期待できるといわれているタイミングは、朝と夜の2回です。


朝起きたとき

まずは、朝起きたとき身体に初めて入れるものを痩せる飲み物にしてみましょう。

爽やかなフルーツの酸味や、ホッとするスパイスやハーブの香りで心地よい朝を迎えましょう。


なお、起床してから30分以内に飲むことを意識します。


夜寝るとき

次のタイミングは夜寝る前です。

よい睡眠へいざなうために、リラックスできるハーブを数種類入れるのもいいですね。


また、翌日の快便のために寒天を入れてもよいかもしれません。

夜の分も朝に作って冷蔵庫で保管するかと思いますが、冷たいままだと身体を冷やしてしまう可能性もあるので、手鍋などで暖めてから飲むようにしましょう。


痩せる飲み物を飲む際はこんなことに気を付けよう!

ランニングする女性

痩せる飲み物だからといって、たくさん食べすぎてしまっては、太ってしまう可能性が高いです。

食事の栄養バランスに気を付けて、できるだけ満腹の手前で抑えるようにしましょう。


また、まったく運動をしなくてもいいわけではなく、1日に30分程度の有酸素運動や回数を決めた筋トレなども取り入れるようにします。

痩せる飲み物で燃焼されやすい身体になっていますから、運動して更に燃やしていきましょう。


有酸素運動でも始めやすいウォーキングについてはこちらも参考にしてみてください。





ダイエットを応援!オーソドックスな飲み物の作り方

ライムとグラス

オーソドックスな痩せる飲み物の作り方からお伝えしましょう。


材料

  • ライム 1個
  • シナモン 8g
  • はちみつ 大さじ2~3
  • ミネラルウォーター 500ml


作り方

①ミネラルウォーターを沸騰させる。

②ライムを輪切りにし、耐熱容器に入れる。

③(②)にシナモンとはちみつを入れ、上から熱湯を注ぐ。

④粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて冷やす。

飲む際ははちみつが沈殿していることもあるので、軽く混ぜてください。

脂肪燃焼効果も?!スパイスを使った飲み物の作り方

クリアカップ飲み物

次は、スパイスのクミンを入れた痩せる飲み物の作り方をご紹介します。


材料

  • クミンシード 大さじ2
  • レモン 1個
  • はちみつ 大さじ2
  • ミネラルウォーター 500ml


作り方

①クミンシードを鍋に入れ、ミネラルウォーターに浸けて1晩放置しておく。

②鍋を火にかけ、ミネラルウォーターが沸騰したら、ざるなどでクミンシードを濾しながら耐熱容器に入れる。

③そこに輪切りにしたレモンと、はちみつを加えて軽く混ぜたら完成。

就寝前におすすめ!快眠ダイエットドリンクの作り方

ライムドリンク

続いて、lリラックス効果が期待できる痩せる飲み物の紹介です。


材料

  • オレガノ 小さじ1
  • キウイ 1個
  • はちみつ 大さじ2
  • ミネラルウォーター 500ml


作り方

①オレガノとミネラルウォーターを手鍋に入れて沸騰させる。

②耐熱容器に入れたら、皮をむいたキウイとはちみつを加えて完成。

オレガノは肉や魚量に使うイメージですが、ハーブティーとしても親しまれています。

痩せる飲み物を活用してダイエットに励もう!

簡単に作れる飲み物でダイエットが叶うのなら続けやすいですね。

使用する材料がもたらしてくれるといわれている効果もご紹介したので、参考にして作ってみてください。

-ヘルシー, 食事
-

Copyright© ヘビラボ ~health beauty Labo~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.