ウエストを計る

ダイエット知識

隠れ肥満とは?その原因や健康への影響と対策もご紹介

隠れ肥満はダイエットをしている方にとって大敵ですし、できる限りなりたくないものです。

もしも今、隠れ肥満だとしたら今のうちに改善しておきましょう。


こちらの記事では隠れ肥満についてや原因を知ることができて、自分が隠れ肥満かどうかもチェックすることができます。

また、改善方法についてもお話しします。


隠れ肥満の原因は何なのか

体重計と定規 

隠れ肥満とは、見た目の印象では痩せているように見えるものの、実は太っているという状態のことをいいます。

目で見て分かりにくいため、隠れ肥満かどうかをすぐに判断しにくく、意外にも多くの方が当てはまっているかもしれません。


「体重が平均の範囲内に収まっているから自分は問題ない」と思っている方も、実は隠れた肥満だったという可能性もゼロとは言い切れないのです。

隠れ肥満の主な原因を見てみよう

最初に、隠れ肥満になってしまう原因を知っておきましょう。


運動不足の積み重ね

最初にあげられるのは運動不足で、身体の筋肉量が減少してしまうことによって脂肪が燃焼されにくく蓄積している状態です。

そのため、見た目としては細かったとしても隠れ肥満である場合もあります。

ストレスを解消できていない

精神的なストレスがどうして隠れ肥満に繋がるのか疑問に思う方もいると思います。


ストレスがかかることによって自律神経の乱れが生じやすくなります。

そして、活発に活動する交感神経が有意な状態が継続すると、血行が悪くなったり基礎代謝が低下しやすくなります。

食生活が乱れていることが原因に?

日頃から食生活を気にしている方は隠れ肥満になりにくいといいます。

身体の栄養が十分な場合は、それをエネルギーとして活用することができるためです。


過度な食事制限をおこなってしまうと、栄養が足らなくなるため、筋肉を分解してそれを補おうとします。

その結果、筋肉量が低下し、隠れ肥満が加速してしまうことでしょう。

身体の歪みも原因の1つ?

姿勢がよくなかったり、身体がゆがんでいる場合も隠れ肥満を招く原因とされています。

身体がゆがんでいると血行不良の原因になり、それが基礎代謝の低下を招くといわれています。


姿勢とダイエットの関係については以下の記事を参考にしてみてください。

 

隠れ肥満はダイエットをした女性に多い?

ダイエットは色々なものがあるので、過去に試された方も多いのではないでしょうか。

筆者も過去に断食をしてみたり、怪しげなサプリに頼ったりしてきました。


断食や1つのものをずっと食べ続けたりする食事制限をして無理やり痩せるダイエットをしてしまうと、上でお伝えしたように筋肉量が低下しやすいです。

その結果、隠れ肥満を招いてしまうので極端な食事制限はおすすめできません。


サプリや偏った食事のダイエットの記事は、こちらを参考にしてみてください。





原因が分かったらチェックしてみよう!隠れ肥満かも?

チェック

隠れ肥満の原因などがある程度分かったら、自分が隠れ肥満なのかどうか気になりますよね。

それでは、隠れ肥満チェックをし、当てはまるかどうか見ていきましょう。

  • 手足は割と細めなのに、下腹部が出ている
  • 過去のダイエットで極端な食事制限をしたことがある
  • 運動は好きではないし、あまりしない
  • 野菜や肉、魚などを摂取する食事よりもパンケーキなどで済ますことが多い
  • むくみが気になる

結構当てはまってしまった…

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

上のチェック項目で当てはまるものが多い方は、隠れ肥満の可能性が高いよ~!


一番上のチェック内容の下腹部についてですが、隠れ肥満の方は内臓脂肪がついていることが多く、お腹だけが出てしまうということです。


食べないでダイエットをしていたら体重が減って目標に達成したものの、数週間後にはリバウンドしてしまったという経験のある方もいます。

このとき、リバウンドで体脂肪が付き筋肉量が減った状態になり、これが何度も続くことで隠れ肥満になってしまうのです。


また、筋肉が少なくなると虚弱体質になりやすく、体力自体も低下してしまいます。

そうなると簡単な筋力トレーニングすらハードに感じられやすく、継続できないという悪循環を招く可能性もあるのです。


チェックのために体脂肪を計ってみよう

上のチェック項目だけでなく、実際に体脂肪を計ることでも隠れ肥満かどうかを知ることができます。

体脂肪ではなくBMIを見る方もいますが、BMIは体脂肪を考慮せずに体重だけで表すものなので、体脂肪率で判断するようにしましょう。


体脂肪についてやBMIについてはこちらも参考にしてみてください。


生活習慣病の原因に?隠れ肥満が及ぼす健康への影響

薬

隠れ肥満チェックに当てはまったけどとりあえず放置でもいいのかなぁ?

ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや

実はそのままであまりいいとはいえないの。


チェックに多く当てはまったとしても、健康的に過ごせるなら問題ないと考える方もいるかもしれません。

確かに、脂肪が内臓についていたとしても毎日元気に過ごすことができるのであれば今のままでもよいといえます。

しかし、隠れ肥満のままだと健康ではいられなくなってしまう可能性があります。


生活習慣病を招く可能性がある

隠れ肥満を放置しておくと高血圧になったり、そのほかの生活習慣病の原因になるといいます。

筋力が低下する

隠れ肥満の場合筋力が少ない傾向にありますが、その状態か続くと加齢などで起こりやすい「サルコペニア」という状態になり得るといいます。

サルコペニアは、全身の筋力が低下していることを意味しています。

認知力が下がるかも?

近年、骨格筋力の低下は認知する力を下げてしまうといわれています。

他にも、自制心が下がったりや精神的に柔軟でいられないような状態を招くとされています。

お腹だけが出てしまう

できればどんな服もかっこよく着こなしたいものですが、隠れ肥満が加速するとお腹だけが出てしまいます。

隠れ肥満は腹部を引き締める筋力も低下している場合が多く、スタイルが悪く見えがちです。

隠れ肥満にならない!改善のためにできる対策

走る女性 

これまで、隠れ肥満の原因やチェック次項、健康への影響なども見てきましたが、できる限り改善したり予防しておきたいものです。

こちらでは、改善のためにできることをいくつかご紹介します。


隠れ肥満の改善!適度な運動と筋トレをする

隠れ肥満の原因のなかに、筋力の低下や運動不足が挙げられました。

運動を積極的におこない、隠れ肥満を予防したり改善したりしましょう。


久しぶりに運動する方は、いきなり高負荷の種目に取り組んでしまうと身体を傷めてしまう可能性もあります。

ゆったりとしたウォーキングから初めて、慣れてきたら速度を速めてると負荷も加わりますし、水中で歩くというのもおすすめです。


筋トレも、自宅で簡単におこなえる体幹トレーニングからスタートしてみるのも良いです。


運動に関してはこちらもお読みください。





隠れ肥満にならないために、間違ったダイエットはNG

筋トレや軽い負荷の運動をしつつ取り組みたいのは、食事内容の改善です。

運動しているから食事制限をしたほうが痩せるかもしれないと、食事制限をしてしまうと逆効果です。


理想的な食事内容は、その方によってどのようなものが不足しているかによっても異なりますが、以下のことを意識してみましょう。

ポイント

かきこみやすい丼ものを控える
揚げ物を控える
高脂質+高糖質のものをを避ける(小麦粉やバターを使ったカレーなど)
玄米や雑穀米を取り入れる
一汁三菜を意識する
食べる順番は汁物や野菜からにする
よく噛んで食べる

隠れ肥満の原因を知り改善や予防をしよう

スリムなお腹

隠れ肥満になってしまう原因は、筋肉の低下が主だということが分かりました。

できるだけ簡単なものでもよいので、運動を意識的におこなうことで事前に予防をすることができるでしょう。

健康を害してしまう可能性もゼロではないので、健康的な毎日を過ごすために脱隠れ肥満を目指してみませんか。

-ダイエット知識

Copyright© ヘビラボ ~health beauty Labo~ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.