クッキー

ダイエット食べ物

おからクッキーで太るって本当?3つの要点でダイエット成功

こんな方におすすめ

  • おからクッキーが間食によい理由は?
  • 太ってしまう説があるけどどうなの?
  • おからクッキーを選ぶときの基準はカロリーだけじゃない?
  • どういうクッキーを選んだらいいの?

おからクッキーは歯ごたえもあることからダイエットに活用している方もいるかと思います。

しかし「太る結果を招いてしまった」など、ダイエットに不向きと考える方もいるようです。

こちらの記事では、おからクッキーをどのように食べることでダイエットに活かせるのか、その要点を3つに絞ってまとめました。

 

また、おからクッキーと一口にいっても、カロリーをほぼ持たないといわれている甘味料や、チアシードやサイリウムを使用しているなど色々なものがあります。

おからクッキーのおすすめをいくつかご紹介しましょう。

 

食べ方によっては太るといわれている「おからクッキー」って何?

ダイエット方法によっては、間食や置き換え食品を活用する方もいますが、その中の候補として「おからクッキー」も挙げれられるものの1つです。

しかし、ダイエットのために食べているつもりが「逆に太る結果を招いてしまった」という方もいるそうです。

その原因を追究する前におからクッキーとは、どのようなものか簡単にご説明しておきましょう。

 

おからとは大豆を絞った際に残ったもののことで、おからそのものの味は濃い豆の味がして、水分を吸収するため口の中がぼそぼそになります。

醤油やダシ・色々な野菜とおからを炒めることで食べやすくなりますし、ご飯との相性も抜群です。

 

また、私のようにおからケーキを作ってダイエットに活用することもあります。

おからクッキーはほんのりと豆の味が残る、素朴な味のクッキーであるため、好みによっては「普通のクッキーよりも好き」という方もいます。

 

おからクッキーで太ることも?考えられる原因は食べすぎ

さて、おからについてやおからクッキーの味について簡単にご説明しましたが、おからクッキーはダイエットに活用した際に「太る結果になってしまった」という方もいます。

しかし、無事に成功させることができた方もいるのも事実です。

ここからは、おからクッキーを活用したダイエットで失敗する原因を見ていきます。

 

最初に考えられるのは食べすぎです。

おからクッキーによっても違いますが、1枚あたりのカロリーは15~30キロカロリー程度です。

そのため、1~2枚程度間食したからといって太ったとは考えにくいでです。

 

調べによると、「おから=ヘルシーだから」という理由から、たくさんクッキーを食べてしまったことが原因だといえます。

1枚15~30キロカロリーだとしても、10枚食べれば150~300キロカロリー、20枚食べてしまえば300~600キロカロリーにもなります。

600キロカロリーとなると普通の食事くらいはあるので、3食食べておからクッキーも食べていたら痩せないのはお分かりいただけるかと思います。

 

これはカロリーだけで考えていますが、大豆は「畑の肉」ともいわれていることは有名で、野菜とはいえ脂質は高めです。

おから・豆腐・豆乳をいただく際は、量に気を付けましょう。

そのことを考えると食べ過ぎれば太るというのも分かりますね。

 

おからクッキーで太る原因になる?便秘に注意!

また、おからクッキーやおからを食べていて太る結果になった方の中には「便秘になった」という声も多くあります。

繊維質が豊富なおからで、なぜ便秘になってしまうのでしょうか。

便秘はダイエットしにくくなるだけでなく、お肌も荒れやすくなる原因になるといわれているので、できる限り避けたいものですね。

 

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類に分けられ、大豆は不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維は便のかさ増しになりますが、便の排出をしやすくする水溶性食物繊維が足らないと、出にくくなってしまうことがあります。

どちらの食物繊維も摂っていれば便秘にならないとはいい切れませんが、この条件は大事なことの1つです。

便が出なければ、当然摂取したものは必要な栄養を除いて身体の中に残ります。

 

便秘になるとダイエットしにくくなる理由は他にもある!

便秘になったら、食べたものの重さが数字となって表れます。

また、腸に負担がかかることで内臓にもそれが影響し、エネルギーの消費量が下がってしまいます。

個人差はありますが、便秘ではない人と比べて200キロカロリーも基礎代謝が変わることもあるといいます。

200キロカロリーといったら、卵だと約3個分くらいですね。

水溶性食物繊維も摂取しましょう。

 

おからクッキーで太るかも?使われている材料を再確認

クッキーって聞くと甘いしおいしいから私はきっと食べ過ぎちゃうだろうな…
ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや
それなら、どんな材料を使って作られているかを把握するといいね

 

おからクッキーをダイエットに生かしていたけど、太る結果になった場合「おからクッキーの選び方」を見直してみるといいでしょう。

通常のクッキーを作る際は、次のようなものが使用されています。(レシピはいろいろありますが、例えとして以下)

クッキーの一般的な材料

  • 小麦粉
  • 卵黄
  • バター
  • 砂糖
  • 牛乳

それがおからクッキーになると小麦粉が少なめ、小麦粉の代わりに全ておからになっているなどのものや、バターを使用していないもの、砂糖を使用していないものなどさまざまですし、以下のようにとてもハイカロリーなものもあります。

少しだけおからが含まれていれば「おからクッキー」といえるので、どのような商品を選ぶかは大事な要点の1つです。

後で、おすすめのおからクッキーをご紹介しますが、そちらはバター・砂糖・小麦粉不使用、おからが多く使用されているものなどもあります。

 

おからクッキーに頼るだけじゃだめ?リバウンドしないためには運動する

おからクッキーを食べていて太る結果になった方以外に、「おからクッキーを辞めたら太った」という方もいるといいます。

痩せるために食べ始めたおからクッキーを辞めた途端に太ってしまうなら「最初から試さなければよかった」と後悔したくなりますね。

しかし、これはおからクッキーを食べていたから太ったわけではなく、ダイエット中に筋トレなどのトレーニングを怠っていたことが原因の1つとして考えられます。

筋肉が付くと何もしていないときにもカロリーを消費してくれるようになります。

 

一食置き換えのダイエットにおからクッキーを活用している方もいますが、エネルギーの補給がされない状態が続くと脂肪と一緒に筋肉も落ちやすいです。

筋力が落ちることは、カロリー消費してくれる量も下がるということなので、置き換えダイエットに活用する際は有酸素・無酸素の運動をバランスよく取り入れて、リバウンドを防ぎましょう。

やっぱり運動は必要だよね~!
ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや
そうだね!辛いかもしれないけど、美味しいものを罪悪感なく食べても燃焼されやすい身体づくりにつながるって考えて私は取り組んでいるよ!

 

おからクッキーの選び方

ここからは、おからクッキーの選び方を見ていきます。

 

おからの配合量

カロリーや糖質が少ないものがよい場合は、おからの配合量が多いおからクッキーを選ぶことをおすすめします。

間食用としての場合なら「満足度」も重要視されるので、1日1~5枚程度なら、おからの配合量は少なめでも問題はありません。

 

他の食材もチェックする

クッキーを作る際に牛乳が使用されることもありますが、牛乳ではなく豆乳が使用されているものだと、さらに低脂質になるため、カロリーが少なくなります。

また、バターが多く使用されているものは、脂質やカロリーが高いこともあるので、要チェックです。

 

一枚の大きさに注意

こちらの記事でイメージしていただきたいおからクッキーは、直径が5㎝程度のものです。

1枚当たりの大きさが大きいものだと、その分カロリーも高くなる可能性がありますから、一回の間食で摂取するカロリーは200キロカロリーまでと考えましょう。

 

ちなみに、間食の200キロカロリーは一般的な適正カロリーだとされています。

ただし、これはカロリーだけでの基準なので、脂質や糖質など他の栄養がどのくらい入っているかも注意しましょう。

購入したおからクッキーの1枚のカロリーを把握しておくことは、おからクッキーのダイエットで太る結果を招かないために大事なことです。

 

おからクッキーのおすすめ

ここからは、おからクッキーをご紹介ましょう。

 

神林堂 豆乳ダイエットおからクッキーバー

自然な甘さのこちらのクッキーは砂糖の代わりにノンシュガーの飴などに使われることが多い「還元麦芽糖」を使用しています。

おから100%ではないうえにマーガリンも使用されているので、脂質やカロリーを抑えたい方は食べすぎ注意かもしれませんね。

1枚あたりの重さは20グラムで、カロリーはプレーン味で91キロカロリー程度です。

 

ホオリイ 豆乳おから100%クッキー

豆乳とおからを使用したおからクッキーで、ハードな固さが人気を集めています。

砂糖と小麦粉を使用していないので、ダイエッターさんも安心して間食に活用することができるかもしれませんが、ハードすぎるあまり「食べることができない」という声もあります。

1枚7gで、カロリーは26キロカロリー程度です。

 

天然生活 豆乳おからマクロビプレーンクッキー

マクロビ派(自然との調和で健康的な暮らしをする)の方にもおすすめなのが、天然生活の豆乳おからマクロビプレーンクッキーです。

卵・牛乳・食塩・バター・白砂糖を使用していないので、ダイエット目的だけでなく、お子さんからお年寄りまでお楽しみいただけるおからクッキーです。

100gあたり480キロカロリー程度となっています。

 

北海道とれたて本舗 豆乳おからクッキーFour Zero

卵・牛乳・小麦粉・砂糖を使用していないので、低糖質・低カロリーのおからクッキーを求めている方におすすめです。

使用されている油は菜種油で、神林堂と同じく還元麦芽糖を砂糖の代わりに使用しています。

 

ハードクッキーとなっていますが、固くて食べられない程度ではなくせんべい程度です。

「おからクッキーを食べすぎて太る」という方は、このようなハードのクッキーを選ぶと満足感が高くなります。

通販で購入出来るおからクッキーの中でも「こちらに軍配が上がるかな?」と私個人的には思います。

 

おからクッキーを上手く活用すれば太らない

身体によいといわれているおからを使ったおからクッキーは、タンパク質も摂ることができるので、ダイエットをしている方の間食にも適しています。

ただし、食べ過ぎてしまったり、バタ―や砂糖が多く使用されているものを選んだりしてしまうと、太るという結果を招きかねません。

リバウンドを避けるためにも、運動を取り入れながら美味しく間食しましょう。

-ダイエット食べ物
-,

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.