ダイエット食べ物 チャレンジ料理

おからケーキをレンジで作る!ダイエット中でも甘い幸せを

ダイエット中は「間食したくなる」という方も多いはず。

とくに、パン系やケーキ系などのボリュームのあるものってそそられますよね。

そこでおからケーキを作ってみるのはいかがでしょうか?

こちらではおからがダイエットにもってこいの理由をお伝えし、2度の失敗を重ねて出来上がったレシピもご紹介します。

「おいしいおからケーキを作ってダイエットに役立てたい」とお考えの方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

おからってどんな食材なの?ダイエットに向いている理由

レンジで作るおからケーキのレシピは後ほどお伝えしますが、その前におからがどのような食材であって、ダイエットに活用できるものであるかどうかも見ていきましょう。

おからとは?

おからのことを知っている方も多いかと思いますが、ここで一度おさらいしましょう。

おからは、豆腐や豆乳を作ったときに出る大豆の搾りかすのことで、見た目はぼそぼそしていて、クリーム色をしているのが特徴です。

だしや醤油、砂糖や野菜などと一緒に炒めた「卯の花」は、昔ながらのおかずで人気がありますよね。

ダイエットに活用できるの?

おからは、低脂質で高たんぱくであるため、上手く取り入れることでダイエットのサポートをしてくれることでしょう。

また、食物繊維も豊富なので、便通がよくなるともいわれています。

大豆を絞った状態のしっとりした状態のおからで販売されているものもありますが、近年ではおからを乾燥させた「おからパウダー」もよくみかけるようになりました。

乾燥しているため、扱いやすいことからも人気があります。

おからケーキに使用するのはおからパウダー

レンジで簡単にできるおからケーキを作ろうとなれば、肝心のおからを買いますが、おすすめは先ほどもお話しした「おからパウダー」です。

長期間保存がきく

しっとりとした生のおからの場合、長期間保存することはむずかしく、短期間で消費しなければなりませんが、おからパウダーの場合は長期保存が可能です。

おからケーキを作って食べているうちに「ちょっと飽きてきたな…」と感じても、パウダーなのでまた食べたくなるときまで保存することができるので、そちらを選びましょう。(それでも賞味期限はあるので注意)

5倍程度に膨張する

おからパウダーは水分を含むと5倍程度に膨らみ、通常よりも早く満腹感を感じることでしょう。

ちなみに、「もっとたくさん膨張するものないんかいな!!」という方はこちらの記事を↓

www.kenkoukirei.info

 レンジで作れるの?おからケーキについて知ろう!

おからを使用せず、小麦粉などを使って作ったケーキは糖質だけでなく脂質も気になりますが、小麦粉を使うことによってダイエット向きのケーキを作ることができます。

また、ケーキはオーブンで焼くものが多いイメージですが、こちらでご紹介するおからケーキは、レンジで作ることができます。

待ち遠しい余熱も専用の型も要りませんし、加熱時間は数分です。

さらに、通常のケーキは分量の多いバターを使うこともありますが、それも使用しないで作ります。

そのため、ふっかふかの甘くておいしいケーキをイメージしている方にとっては、少し物足りなさを感じるかもしれません。

極力「ホンモノのケーキ」に近づけるために、いろいろと試行錯誤してきっと多くの方が満足できるおからケーキを考えてみました。

糖質制限ダイエット、筋力トレーニング中の間食に「ケーキが食べたい!!」と、つらい思いをしている方は参考にしてみてくださいね。

レンジで作ろうおからケーキ

f:id:kenkou630:20190628064920j:image

それでは、レシピのご紹介です。

  • おからパウダー 50g
  • 卵 1個
  • ベーキングパウダー 4g(日清のピンクのパッケージがおすすめ)
  • 三温糖 大さじ1(こちらはラカントでもいいでしょう)
  • シナモンパウダー 3g
  • ヨーグルト 50g(無糖・低脂肪)
  • プロテイン 付属スプーンすりきり3杯(使用しているのは、ザバスの水色ウエイトダウン)
  1. レンジで加熱しても可能な容器(タッパーなどがおすすめ)に上記の材料を全て入れます。
  2. しっかり混ざったら、レンジに入れて600ワットで3分加熱します。
  3. 加熱が終わったらすぐに型から取り出し、網などの上で冷ましてください。(この工程を省くと、べチャッとした仕上がりになりやすくなります。)

このおからケーキにたどり着くまで、いろいろなレシピを参考にしました。

過去に作ったものは、スポンジのような「お口の中の水分持っていく感」がすさまじかったのですが、これはしっとりしているので食べててつらくありません。

シナモンが苦手な方は入れなくてもOKで、代わりにココアパウダーを入れてもほろ苦い香りがよいかもしれませんね。

レンジで作るおからケーキ!ベーキングパウダーの代用で重層はおすすめできない

何度も試行錯誤して完成させた、レンジで作れるおからケーキですが、試作品を作るうちにべーキングパウダーをきらしてしまったことがありました。

買いに行くのも面倒だからと重曹で代用したのですが、とんでもなく苦いケーキが出来上がったのです。

その理由として考えられるのが、重層を入れすぎてしまったこと。

重層はふくらますための役割を果たしてくれますが、そのときに炭酸ナトリウムが発生します。

それが多いと、アホみたいに苦い成分の元になるそうです。

一方で、ベーキングパウダーはそのような苦みが出ないようにするために、酒石酸というものが含まれています。

つまり重層の量を減らすか、ベーキングパウダーを使うかをしたほうがいいということですが、重曹の適量を追求していないのでベーキングパウダーを使用することをおすすめします。

ベーキングパウダーにもいろいろと種類があり、上記でご紹介したレシピでは日清から出ているベーキングパウダーとしています。

理由は、他のメーカーのものを使ったら、膨らみ方にムラができてしまったためです。

ちなみに、これに関して調べてみましたが、理由はよく分からずなので、上手につくるためにも日清のピンクのパッケージのベーキングパウダー推奨です。

おからケーキをダイエット中の間食に!

おからは低脂質高たんぱくであるため、ダイエットに適しています。
生のおからは長期保存が難しいので、乾燥しているおからパウダーを選んでみてください。

何度も試作して、おいしいおからケーキができたので、レシピを参考にしてもらえたら嬉しいです。

-ダイエット食べ物, チャレンジ料理

Copyright© ヘビラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.