ダイエット筋トレ

ダイエットは背面も大事!背中を筋トレするとより美しい!

みなさん、背中って普段からまじまじと見ますか?

等身大鏡で自分の姿をチェックする方はいるかもしれませんが、後ろ姿って見にくいこともあって「しっかり見えていない」という方もいるかも知れませんね。

ダイエットをするならば、後ろ姿もきれいに痩せられるようチャレンジしてみませんか?

今回のブログでは、背中に無駄な贅肉が付いてしまう原因をいくつかご紹介し、背中ダイエットのためにできる筋トレなどもお伝えします。

 背中ダイエット!筋トレの前に太ってしまう原因を解説!

背中をダイエットするためにも、太ってしまう原因を知っていきますが、大きく「筋力が低下している」「姿勢が悪い」「食べ過ぎ」のこの3つに分けられます。

順番に細かくご説明します。

最初に、筋力の低下について見てみましょう。

普段から運動をする機会のある方であれば、積極的に筋肉を使いますが、そうでない方は筋力が低下している可能性も考えられます。

筋肉は運動をしていなくてもカロリーを消費してくれますが、筋肉が少なくなるとその分消費するカロリーも減るので、背中に贅肉が付いてしまうということです。

日常で身体を動かすチャンスはいくつか訪れるものの、それも怠っている場合は「プチ筋トレ」を意識してみるといいですね。

例えば、短距離でもタクシーなどの乗り物を活用しているのであれば、歩くようにしてみましょう。

他にも、駅などでエスカレーターやエレベーターを使っているのであれば、階段を使用するようにします。

普段の小さな行いが、背中の筋力低下を防いでくれるかもしれません。

毎日続けられるか心配だなぁ…
ぷにちゃん
ぷにちゃん

たあや
たあや
そんなときはこれを参考にしてみてね!

www.kenkoukirei.info

 どうして背中が太ってしまうの?その原因は姿勢の可能性も!

背中の筋力低下は、姿勢も関係しているといえます。

背中にはいくつかの筋肉があり、それらで身体を支えています。

身体を曲げる・伸ばすといった動きに大きく関係しているのが「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」というものです。

脊柱起立筋は頭蓋骨から背骨をつたって下の骨髄の方まで覆いかぶさるようにある筋肉ですが、悪い姿勢を保っていることで筋力の低下が起こるといわれています。

背中がクルッと丸まった「猫背」の状態が長時間つづくことで、背中はもちろんお腹の周辺にも贅肉が溜まりやすくなってしまいます。

丸まった背中をきゅっと伸ばすと「つらい」と感じるかもしれませんが、筋肉鍛えられていくにつれて美しい姿勢を保つことができるようになります。

上記2つのことを考えると、ダイエットするためには筋トレが欠かせないということが分かりますね。

筋トレ以外にも!背中が太ってしまう原因は食べすぎもある!

背中が太ってしまう原因として考えられるもののなかには、食べすぎも含まれます。

以下のことに当てはまるものが多い方は、食生活の改善が必要かもしれません。

  • 食事を抜くことはあっても間食は毎日欠かさない。
  • 残ったものは「もったいないから」と満腹でも食べてしまうことが多い。
  • 完全に満腹にならないと「食べた」という気持ちにならない。
  • 安く売っているものは、食べきれるかどうかを考えずにとりあえず購入してしまう。
  • 家に必ず1つは買い置きのジュースやお菓子がある。
  • 野菜や低脂質のタンパク質よりも、高脂質で高カロリーなものをよく食べる。

よく、ダイエットをするのであれば野菜や肉などをバランスよく…なんて聞きますが、最初からできるかどうか不安な方は夜ご飯をスープに置き換えてみるのも方法の1つです。

よかったら、レシピもご紹介しているので参考にしていただければ幸いです↓

www.kenkoukirei.info

また、夜にヨーグルトを食べることもおすすめで、その理由はこちらに!↓

www.kenkoukirei.info

食生活の改善をしつつ、次項でご紹介する筋トレにチャレンジしてみてください!

背中の筋肉を鍛えてダイエットをしよう!筋トレ方法

これまで背中をダイエットするために、太ってしまう原因について考えていきました。

ここからは、前だけでなく「後ろ美人」になるために、背中の筋トレの方法をお伝えします。

背中の筋トレ方法その①

  1. まず、うつ伏せに寝ころび、腕をバンザイの形にし、足は肩幅程度に開きます。
  2. 膝を曲げずに左足と、肘を曲げずに右手を身体と並行に持ち上げます。(このとき、右足と左手は地面についたままにします。)
  3. 今度は、反対に右足と、左手を持ち上げましょう。

各それぞれ10秒ずつキープして、10セット行います。

背中の筋トレ方法その②

  1. 仰向けに寝転んで、膝を曲げます。
  2. 裏ももからふくらはぎまでの角度が90度になるようにし、お尻を持ち上げましょう。
  3. 背中からお尻まで一直線になるように意識し、10秒キープし、これを10回行いましょう。

背中だけでなく、お尻もきゅっと引き締まるトレーニングです。

美しい背中になるとこんなメリットも!

背中の筋トレを行って改善がされると、ダイエットだけでなく次のような嬉しい効果が得られるかもしれません。

  • こりの改善
  • 頭痛の改善
  • 胃腸の調子がよくなる
  • 骨盤のゆがみの改善
  • 手足の冷えの改善
  • 集中力の向上
  • 代謝の向上
  • よく眠れるようになる

でも、猫背や姿勢がよくないのかどうか分からないよ~!
ぷにちゃん
ぷにちゃん

たあや
たあや
そんなときは、まっすぐ立って両手の手のひらを内側にし、外ももの横に付けてみてね!

そして、等身大鏡などを使ってその姿を横から見てみましょう。

耳を通って土踏まずのラインが地面としっかり垂直になっているならば正しい姿勢ですが、顔が前に出ている場合は猫背です。

一方、胸や腰などの身体の部分が出ている場合は、突き出し姿勢といえます。

「慣れて楽な姿勢だから」などの理由からそのままにしておきたくなりますが、身体へ不調を訴えるようになると、それを改善するのに時間を要することもあります。

常に身体のバランスのことを意識し、美しい背中・美しい姿勢を意識していきたいですね。

背中痩せは美しいだけではない!

こちらのブログでは、背中をダイエットするために太ってしまう原因をいくつかお話ししました。

筋トレの方法もお伝えしたので、素敵な後ろ姿になるためにも継続していきたいですね。

また、猫背からよい姿勢になることで、いろいろなメリットがあるので健康のためにも姿勢を正してみましょう。

-ダイエット筋トレ

Copyright© ヘビラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.