住宅情報

25坪の平屋は小さい?ブログを参考にしたアイデアもご紹介!

平屋というと「広々している」「開放的な」という印象を持つ方もいるように、平屋めっちゃいいですよ!

でも、坪数の広い平屋を建てるとなると、気になるのは費用ですよね。

そこで25坪のそれほど大きすぎない平屋を建てるのはどうでしょうか。

今回は、いろいろな方のブログを参考にし、25坪の平屋の間取りやアイデアについて考えていきましょう。

ブログでの平屋のアイデアの前に!坪数を知ろう

面積の広さを表すのに「平米」や「坪」「帖」がメインで使われていますが、それぞれどのくらいの大きさなのかを知っておくと25坪の平屋のイメージが掴みやすいかもしれません。

帖は「畳(じょう)」ともいい、どちらも使われていますがこちらでは「帖」で統一します。

たたみ一枚分の大きさを1帖としていますが、地域によって畳一枚分の大きさは異なります。

例えば、京間に使われるたたみは、縦191.0cm×横95.5cmとなっているのに対し、団地間は縦170.0cm×横85.0cmと少し小さいです。

一般的には縦182.0cm×横91.0cmのサイズである、中京間のたたみで考えるそうです。

平米

先ほどの1帖を平米で表すと、1820mm×910mmで、165平米となります。

たたみの縦の辺を1間といい、1間×1間が1坪になります。

つまり、1帖で考えると1間×0.5間となり、1坪はたたみが2枚あると考えると分りやすいです。

そして、25坪はたたみが50枚あると想像すればOKです。

広さの単位について分かったら、25坪の平屋が広いものなのか他の方のブログなどを参考にして考えていきましょう。

ブログから知る!25坪の平屋って大きい?

家を建てるとなれば、室内がどのくらい広く感じるかも大切ですが、外観もどの程度までボリュームがあるものなのか気になるかと思います。

実際に私が25坪の平屋に住んで居ますが、リビングは20帖取ることができました。

子供部屋は4.5帖と少しコンパクトですが、「子供はいずれ巣立つ」ことを考えると最小限で良いかと思えました。

でも、親戚は子供部屋を10帖にしているので、家庭によって考え方は異なりますね。

ちなみに主寝室は7帖です。

暮らしていて狭いか?と聞かれると窮屈には感じませんが、特別広いとも感じることはありません。

そして外観ですが、想像していたよりも完成は大きく感じました。

ブログで比較的コンパクトな平屋を建てた方の感想は、次のようなものがあります。

  • 「地縄(家を建てる前の地面の紐)を見たときは倉庫かと思うくらい小さく感じたが、完成すると大きく感じた」
  • 「サイディングに膨張色を使ったからか、建物が大きく見える」
  • 「クロスを貼る前は狭く感じたのに、貼った後は広く見える」

このように感じる方が多い傾向にあります。

それでは、25坪の平屋で窮屈に感じてしまう間取りはどのようなものでしょうか。

あ、我が家の図面も貼っておくので間取りの参考にしてもらえたら嬉しいです。

最終的な間取り

スマホだとズームで、パソコンだとクリックで画像を見ることができます(・∀・)

トイレに関する間取りについてもご紹介しています。

www.kenkoukirei.info

どんな間取りが窮屈に感じる?部屋数に注意

ブログでは25坪の比較的コンパクトなサイズの平屋でも小さくは感じにくいことが分かりましたが、間取りによっては、室内が窮屈に感じる可能性もあります。

気を付けたいポイントは、廊下の広さです。

25坪となると、よくある日本家屋のお屋敷のような広々とした廊下を設けることは難しくなります。

それでも、廊下を広くしたいとなれば、そのほかの部屋が小さくなってしまうのは仕方のないことです。

そうなると、廊下以外で過ごすときに狭さを感じやすいかもしれませんね。

また、部屋数にも気を付けたいですね。

我が家は、25坪で2LDKとなっていて、各部屋は十分に確保できています。

しかし、部屋数を増やすとなれば、各部屋が狭くなるので窮屈さを感じてしまうかもしれません。

それから、部屋が増えることになり、収納を各部屋に付けたいとなればその分のスペースも必要です。

平屋の良さであるワンフロアの快適さを、狭くて生活しにくい空間にしてしまわないためにも、慎重に考えていきましょう。

ブログから学ぶ!25坪の平屋のアイデア

ここからは25坪の快適な平屋を建てるためのアイデアをいくつかご紹介しましょう。

主寝室と寝室の大きさを揃える

我が家のように主寝室を広くするのではなく、どちらも同じ大きさにするのもよいでしょう。

各部屋を長方形の同じ形にすることで、日当たりのよい所にうまく配置することができるかもしれません。

リビングから続くようにウッドデッキを設置する

間取りによってリビングが狭くなってしまったならば、リビングに大きな窓を取り付けてそこからウッドデッキに出られるようにするのもいいですね。

天気の良い日には外でくつろげますし、カーテンを開けておけば開放感も得られるでしょう。

屋根裏部屋を設ける

季節によっては使わないものなどをしまっておけるようなスペースを屋根裏にしまっておくことができたらスッキリしますね。

他にも、子供の遊び場としても喜んでくれそうです。

ただし、高さを1.4m以内で作らなくてはならないので、人によっては「使いにくい」「いつか使わなくなりそう」と考える方もいるでしょう。

他にも「下がり壁」といって、部屋と部屋を自然に仕切ることができるものを取り入れると、生活空間を分けることができそうですね!

とはいっても、肝心な費用との相談になるかと思いますが…汗

よければ、こちらも参考になさってください↓

www.kenkoukirei.info

www.kenkoukirei.info

www.kenkoukirei.info

25坪の平屋でも立派な家がつくれる!

25坪と聞くと「もしかして小さいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、個人的には広く大きく感じました。

地縄の段階だと、まだイメージがわきにくいので、小さく感じるかも知れませんが、上棟が終わって完成に近づくにつれて大きく見えてくるかもしれません。

「帖」「平米」「坪」についてもお話ししたので、間取りを考えるときのイメージとして覚えておきましょう。

-住宅情報

Copyright© ヘビラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.