コンビニのイラスト

ヘルシー 食事

活用していいの?ダイエットメニューをコンビニで選ぼう!

こんな方におすすめ

  • コンビニメニューがダイエットに活用しやすいのはなぜ?
  • コンビニで購入するデメリットは?
  • 「パン」「麺」「ご飯」どのようなメニューにしたらいい?
  • コンビニ別におすすめの商品が知りたい。

コンビニで買う食事は、「なんとなく身体によくなさそう」「ダイエットがしにくいイメージ」を持つ方もいますが、近年のコンビニの商品は超進化しています。

なかなか自炊ができない方は、ぜひ活用してみてください。

 

こちらでは、コンビニ食がダイエットに活かせる理由をお伝えし、おすすめのメニューも考えていきましょう。

また、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートで人気の商品についてもお話しします。

 

コンビニでもダイエット向きのメニューに!コンビニがおすすめのわけ

かつてのコンビニのイメージとしては、「とりあえずお腹に入ればOK」「手軽の何か食べられればいい」というものでしたが、近年は大きく進化しました。

それは、健康志向が高まっているからです。

 

パン1つとってみても、今まではこてこての菓子パンや甘いおやつのようなパンがメインだったのが、糖質制限されているパンも見かけるようになりました。

このような糖質制限されているパンを食事のメニューの取り入れることで、ダイエット向けの食事にできるかもしれません。

 

また、これは主観的な考えですが、お弁当系が以前に比べて彩り豊かになったような気がしますし、野菜の種類も増えたようにも思えます。

他にもコンビニによっては、小鉢サイズの商品が豊富なのも飽きがきにくいと考えられます。

小鉢系の商品は箸休めによく購入するよ!
ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや
野菜も摂れるしとってもいいね

 

コンビニメニューがおすすめの理由は糖質やカロリー計算ができる

ダイエットをしていると、食べるものカロリーや糖質の計算が面倒です。

私は「あすけん」というアプリを活用していますが、自炊派・外食派どちらにもおすすめです。

あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ
あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ
開発元:asken inc. (Tokyo)
無料
posted withアプリーチ

あすけんには、コンビニのメニューも掲載されているものもあるので、上手に活用していきましょう。

コンビニの商品の裏面などに商品の明細がかかれていますが、そこに「エネルギー」「熱量」「炭水化物」などの表記があります。

こちらの表記を参考にして一日に摂取する栄養を知っておけば、糖質・脂質の制限や、カロリーを控えるダイエットがしやすくなるでしょう。

 

ダイエット初心者の方は、今までによく食べていた商品を手に取り、商品の詳細をチェックしてみると意外にも「高カロリー」「高脂質」だったとなれば驚かれるかもしれません。

裏の表記を見るように意識していると、何となく「この料理は太りやすい」「これならダイエット中でも罪悪感なく食べられる」というように分かってくるようになるでしょう。

 

コンビニメニューでダイエットする際のデメリットは?

上記のことから、ダイエットにコンビニメニューを取り入れようと考える方もいるかもしれませんが、デメリットもあるので把握しておきましょう。

 

コスパが悪い

最初にいえることは、商品によってはコスパが悪いことかもしれません。

中には「自分で作った方が安く済むのではないか?」と思うようなものもあります。

例えば、野菜を切るだけで作れる野菜スティックやサラダなどが挙げられますが、コンビニの手軽さを考えると許容範囲といえます。

 

それから、容器によっては、底上げしてあるようなものもあるのでボリュームが多く見えることもあります。

蓋を開けていざ食べてみたら「あんまり入っていなかった」ということもあるかもしれません。

 

目移りしてしまう

コンビニはたくさんの商品が並んでいるので、「極力脂質や糖質の低いものを」と考えて店に入ったとしても、おいしそうなものを見つけてしまえば、注意していたとしても手が伸びてしまいそうです

特にレジ近辺にはスイーツや、ホットスナックが並んでいることが多いので、順番待ちをしているときなどにパッと手に取ってしまうかもしれません。

糖質をカットしているお菓子や、プロテインバーなどを選びましょう。

 

 ダイエットを考えるなら!主食の選び方とメニュー例

どんなものに気を付けるのか分かったけど、どういうメニューがいいの?
ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや
主食であるご飯・麺・パンなどを入れたダイエット向きのコンビニメニューを考えていこう!

ここでは、主食であるご飯・麺・パンなどを入れたダイエット向きのコンビニメニューを考えていきます。

 

ご飯

ご飯を主食とする場合は、弁当のようにおかずも一緒に入っているものではなく、おにぎりをチョイスします。

おにぎりの具を選ぶときは、焼き肉やシーチキンマヨなど脂質の高いものではなく、昆布や鮭などが理想です。

一緒に、脂質の低い魚や肉とサラダなども選び、栄養バランスを考慮しましょう。

 

麺の中でもGI値が低いのは蕎麦で、蕎麦は血糖値が急上昇しにくいのでおすすめです。

一緒にイカ焼きやゆで卵、冷凍コーナーにあるチンするだけで食べられるブロッコリーなどで野菜を摂るのもおすすめです。

 

逆に、カップラーメンやパスタはあまりおすすめできません。

理由としては、GI値が高いのはもちろんですが、ソースやスープ自体が塩分や脂質が多いことです。

 

パン

パンを食べるなら避けたいのは、菓子パンや総菜パンです。

菓子パンは砂糖が使われているものが多いですし、総菜パンはコロッケなどの揚げものが挟んであるとカロリーが気になります。

 

ローソンなどで販売されているような、低糖質のパンなどを選びます。

味気ないと感じるようであれば、サラダとサラダチキンを挟むのものおすすめです。

野菜を摂ればいいなら、野菜ジュースでいいかな?
ぷにちゃん
ぷにちゃん
たあや
たあや
ちょっと待った!

「野菜を摂りたいから」と、飲みもので野菜ジュースを選ぶ方もいますが、商品によっては糖分が多いためダイエットの妨げになってしまう恐れがあることを覚えておきましょう。

できるかぎり、お茶か水・炭酸水など糖類が入っていないものにしましょう。

 

飲みもので気を付けたいのは野菜ジュースだけではなく、豆乳飲料もです。

無調整豆乳は大豆の味しかしませんが、調整豆乳はほんのりと甘い味がします。

少量でも砂糖の何十倍や何百倍も甘さを持つことから、人工甘味料がよく使われていますが、豆乳飲料にもそういったものが使用されていることもあります。

「人体に影響はない」という声もある一方で、「身体が心配だ」という声もあるので覚えておきましょう。

 

コンビニで見つかるかも!ダイエットにおすすめの商品

ここからは、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの3つにコンビニでダイエットにおすすめの商品をご紹介します。

ダイエットメニューとして参考にしていただければ幸いです。

 

セブンイレブン

ほっけの塩焼 311円(税込)

皮面からじっくりと遠赤外線で焼き上げたセブンイレブンのほっけの塩焼きは、香ばしくておいしいです。

 

砂肝の黒胡椒焼き 300円(税込)

しゃくしゃくと食感のよい砂肝を黒コショウをきかせて焼きあげてあります。

レモン果汁がついているので、2パターンの味を楽しめます。

 

ローソン

ささみれんこん(塩) 130円(税込)

こんがりと焼きあげたれんこんとささみを串にしました。

塩味でさっぱりといただける一品です。

 

1食分のプロテインチャージサラダ(ナッツドレッシング) 498円(税込)

栄養バランスが考えられたこちらのサラダは、一食分の野菜とタンパク質を摂取することができます。

ニンニクと黒胡椒が効いているので、味にパンチがあり満足度が高い一品です。

ちなみに、北海道の店舗とナチュラルローソンにはないそうです。

 

ファミリーマート

RIZAP サラダチキンバー(ブラックペッパー) 158円(税込)

黒胡椒が効いたこちらのサラダチキンは、なんと糖質0gです。

国産鶏を使用しているという点もポイントが高いです。

 

1/2日分の野菜が摂れるコンソメスープ 398円(税込)

玉ねぎ・人参・セロリ・キャベツ・ほうれん草・コーン・ブロッコリー・赤パプリカと、たくさんの野菜が一皿にぎゅっと詰まったおいしいコンソメスープです。

 

コンビニメニューをダイエットに活用しよう

こちらの記事では、コンビニ食がダイエットに適している理由や、デメリットも一緒にお話ししました。

どんなものを選ぶのかによっては、ダイエットの強い味方になってくれます。

手軽においしくてヘルシーなものをコンビニで見つけてみてください。

 

-ヘルシー, 食事
-, ,

Copyright© ヘビラボ ~health beauty Labo~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.