ヘビラボ

健康的に美しくなりたい! 楽しいところに行きたいし美味しいものも食べたい! そんなワガママをブログにまとめたものです。

実体験!ヤンヒーホスピタルダイエットで成功?リアルな口コミを報告!

ダイエット薬に、ヤンヒーホスピタルダイエットというものがあります。

今回、ヤンヒーホスピタルダイエットの薬を購入した方法や、体に起こった異変などを実体験の口コミとしてお伝えしていきます。

 

他にも、ヤンヒーホスピタルダイエットに関する情報をまとめてみました。

こういったダイエット薬の服用はおすすめしません!!

 

 

ヤンヒーホスピタルダイエットという薬を知ったキッカケ

ノート型パソコン

ヤンヒーホスピタルダイエットを知ったきっかけは、某掲示板によるものでした。

 

ヤンヒーホスピタルダイエットを使用したら「ダイエットに成功した」というようなコメントが多数書かれているのを見つけたのが始まりです。

 

大抵商品を売り込む時は、商品をゴリ押しするようなブログだったり、商品紹介のページが存在しているパターンが多い傾向にあるので、明らかにステマとわかるでしょう。

 

しかし、このヤンヒーホスピタルダイエットの宣伝は、掲示板などで口コミがメインで広められているという噂があるそうです。

掲示板での評価を見た人が、ピンポイントでヤンヒーホスピタルダイエットを調べ、薬を購入させるいう方法で広めているのかもしれません。

 

そこで、私が実際にヤンヒーホスピタルダイエット試し、どうだったか、実体験を元に事実を伝えていきたいと思います。

 

ヤンヒーホスピタルダイエットの購入方法

白い薬

インターネットで「ヤンヒーホスピタルダイエット」で検索すると、口コミの掲示板以外にもいくつか取り扱いのある販売店が見付かります。

しかし、販売店といっても、インターネット上での購入になります。

 

身長

体重

血圧

喫煙者かどうか

妊娠はしていないか

などなど、様々な問診に答えていきます。

 

そして、ヤンヒーホスピタルダイエットにはいくつかの種類があるようなので、希望の薬の種類を選択し、指定された銀行へ薬代の振り込みを行うだけです。

届いたら、飲んでみてその実体験をリアルに伝えます。

 

ヤンヒーホスピタルダイエットが届いた

カラフルな薬

実際にヤンヒーホスピタルダイエットが届くと、プチプチなどでかなり丁寧包まれていました。

おそらく、衝撃などによって薬が割れてしまわないようにでしょう。

 

いざ、中身を取り出してみると、薬の数に驚きました。

いくつものカラフルな錠剤が袋に入っており、飲み方の説明書の紙に張り付けられています。

 

この飲み方の説明書は背面がタイ語?になっていて、裏面は日本語になっています。

しかし、日本語がところどころ間違っているので、100%この飲み方で正しいのかどうか迷ってしまいますが、問い合わせ先はありません。

 

また、日本の病院や薬局で処方される薬の場合は、副作用や飲み合わせの注意書きが必ずあります。

しかし、私に処方されたヤンヒーホスピタルダイエットには、そのようなものは一切同封されていませんでした。

そのため、インターネットでの口コミを参考にして、同封されている注意書きで確認を取りつつ飲むことにしました。

いよいよその効果を実体験できると思うと「痩せられる」ことからワクワクしていました。

 

ヤンヒーホスピタルダイエットを飲んでみた

複数の薬

なにはともあれ、ヤンヒーホスピタルダイエットを飲んでみることに。

薬の色が本当にカラフルで飲むのに少々抵抗がありましたが、当時の私は「痩せたい」という一心だったので、勢いを付けて飲みます。

 

ここからは、どのくらい経過するとどのような症状が現れたのか実体験を明記していきます。

また、あくまで私自身が感じたことになるので、参考程度にお読みください。

 

 

こんなにテンション高くゲームしたことはない

30分くらいしてからでしょうか。

なんだか、ハイテンションになり、モゾモゾと落ち着かない感じがします。

 

まさに、気分は「いてもたってもいられない」これがよい表現かもしれません。

ルンルンな気分でLINEゲームをやっていました。

いつも聞き慣れているゲーム音が、ハイテンションな心をさらにワクドキさせました。

 

1時間ほど経過したら汗が出た!!

しばらくして、変な汗が出てきました。 

心臓がバクバクしていて、自分の心音が耳元で鳴っている感覚があります。

 

ここら辺で「この薬はやばい!」「マジでやっちまったわ」と感じ始めました。

後悔しながら、自分の体調を知るために感覚を研ぎ澄ませていました。

 

地獄の扉を開けてしまった

更に少し経過すると何も食べていないのに胃もたれがして、起き上がっているのもつらい状態になりました。

例えるなら、ひどい乗り物酔いをしている感じです。

もう辛くてたまらないので、お気に入りの人形を抱きしめ部屋で横になることにします。

 

12時間過ぎて閻魔様が現れたかとおもた

普通の薬なら、このくらいの時間で効果がなくなってきます。

しかし、ヤンヒーホスピタルダイエットは、ここから更に猛威をふるう…泣

 

激しい頭痛が始まり、寝てても起きてても辛く、何しても収まらないひどい頭痛です。

例えていうなら、超でかいやつが銅鑼もって1時間くらい「ゴーンゴーン」やられたあとの名残って感じです。(とにかく辛いということ)

 

目を閉じていたら気絶してしまったのか、痛みに疲れ果てたのか分かりませんけど、寝落ちしてました汗

 

 

「寝る→眼だけ起きる→寝る」この繰り返しで更に12時間経過

気が付いたら12時間寝ていました。

お腹は空いているけど、食べる元気はない状態です。

まだ頭痛は続いています。

 

このときに人体の素直な反応がありました。

水分を欲したのです。

お茶をボトルからラッパ飲みしてお手洗いに行き、また就寝…

 

地獄の終わりが見えたのは48時間後だった 

体重計に乗ってみるとなんと驚き!5㎏減www

そりゃ、水分もろくすっぽ摂らずにずっと寝て、何も口にしていないのだから当たり前ですよね。

こりゃ、完全にだめなダイエットだ…「痩せられました!」なんていう口コミ・・嘘だったのか~とここでようやく気付く。泣

 

ヤンヒーホスピタルダイエット日本では認められていない成分が含まれていた

MEDICINEと薬で書かれている

厚生労働省では「ヤンヒーホスピタルダイエットを飲まないこと」「被害者を増やさないこと」など注意喚起をしていることがあとで分かりました汗

口コミや実体験などレビューなんかを参考にする前に、しっかりこっちを見ておけばよかった。

日本で認められていない成分とその効果
  • シブトラミン 中枢性食欲抑制とか心拍数が増えるなど
  • ヒドロクロロチアジド トイレ(小)が近くなったり嘔吐したりも
  • フロセミド こちらもトイレ(小)が近くなったりショック症状が起こったり
  • ジアゼパム  鎮静作用・抗痙攣作用・薬物に依存したり興奮したりも…

 

そうか、LINEゲームをやっていた時のワクドキ感はジアセパムによるものだったか…汗

私がいうのも変な話かもしれませんが、飲んだからこそ分かります、よくないです。

ヤンヒーホスピタルダイエットを購入することはもちろん、服用するのはやめましょう。

 

いろいろあとで調べてみて分かったのですが、本当は、私のような症状が表れてしまったら、すぐに医師の診察を受けることが最善策だったようです。

その時の私は、知らずにその症状がおさまるのを耐えて堪えていましたが…汗

 

今まで痩せて綺麗になれれば、可愛い洋服などを綺麗に着こなすことができると思っていました。

他の理由からも、ダイエットに魅力を感じる人は沢山いるでしょう。

 

しかし、こうして健康を害すダイエットが存在していることを、少しでも多くの人に知ってもらいたいと考え、記事を書かせていただきました。

 

このダイエットは副作用がひどく、死亡例もでているので、本当に危険なダイエットだといわれています。

私も「簡単に痩せられる」などの言葉に乗せられないよう、きちんと健康と自分の体を考えなければならないと反省しています。

 

それ以外にも「リデュース」という食欲を制御してくれるという薬を試したこともありましたので、興味があれば(;´∀`)

www.kenkoukirei.info