ヘビラボ

健康的に美しくなりたい! 楽しいところに行きたいし美味しいものも食べたい! そんなワガママをブログにまとめたものです。

モンゴルハウスの佐野ラーメン屋?「Paoすりばち」!味や雰囲気は?

 今回は、栃木県佐野市にあるラーメン屋さん「Paoすりばち」というラーメン屋を見つけたので、味の感想やお店のモンゴル風の雰囲気などもお伝えしていきます。

場所も下の方に書いているので、是非訪れてみてください。

 

 

佐野ラーメンを求めて見つけた薄暗い看板「Paoすりばち」

時刻は18時半。

飲食店はどこも混み始める時間です。

佐野市内の主要道路沿いにある佐野ラーメンは激混み。

祝日ってこともあり、外のベンチに座れず並んでいる人がいるくらいです。

適当に(佐野ラーメン)とナビに入れて検索してみたところ、近辺にある佐野ラーメンは、ほぼ待ち状態です。

 

しかし、ナビに入れたラーメン屋に向かう途中で通りかかった、薄暗いラーメン屋があったことを見逃しませんでした。

ちなみに、そこのラーメン屋は、検索したナビにはヒットされません。

薄暗くて、一瞬やってるのかどうか疑わしいレベル。

PAOすりばちの看板

細い道の奥に佇む「Paoすりばち」というラーメン屋さん。

入ってみることに…。

 

「Paoすりばち」の外観

PAOすりばちの薄暗い外観

パッと見たは分からなかったのですが、よーく見るとモンゴルのお家のような建物の形をしています。

画像でも分かりにくいかもだけど、さっきの看板に比べれば、しっかり「店っぽい」←失礼

 

「Paoすりばち」のPaoの意味とモンゴルの気候

調べてみると「Pao」は中国語で包むという意味で、モンゴル語だと「ゲル」という意味だそうです。

 

モンゴルの不思議な形をした建物は、Paoまたはゲルというものらしく、木の骨組みに羊などの皮をかぶせるそうです。

夏は40度、冬は−30度ととても厳しい環境のモンゴル。

遊牧民族は住む場所を変えるために、持ち運びできる家を考えたんですね!すごい!

 

「Paoすりばち」でいざ注文!そしてどんなラーメン?

【頼んだもの】

焼き餃子→シェア

ラーメン→私

すり鉢チャーシュー→旦那様

 

焼き餃子はこんな感じ!

餃子

ロッコロしてる!シュウマイみたいにPao(包む)されてる!

大きさは一口サイズで、ニンニクとニラのがっつりした香りが食欲をそそります。

皮は薄いので、ダイエット中でも罪悪感ゼロ!

↑これからラーメン食べるがな〜

 

そしてラーメン!

私が注文したラーメン

よーくみると、さすが「Paoすりばち」まじですりばちに入っています。

普通サイズなのに大食いの人みたい!キャッキャ!

 

スープはさっぱり醤油の懐かしい感じで、麺は竹で打ったちぢれ麺〜!

この麺好きだ〜、細いところと太いところのミックスがクセになります!

旦那が注文したラーメン

旦那様のラーメンはこちら。

なみなみスープでよく見えませんが、こちらもすりばちに入ってます。

そして、唐揚げトッピングと中に餅が入ってました。

 

普段、ラーメンは噛まないで飲みこむ派の旦那様も、餅が入っているお陰できちんと噛んで食べていました。

旦那様に噛むことを教えてくれた「Paoすりばち」さんに感謝です。

 

 

食べ終わった後のお気遣い

お腹いっぱい、さあ帰りましょ〜と思ったら、おもてなしでコーヒーを出してくださいました。

食後のコーヒー

初めてです。

ラーメン屋でコーヒーがサービスで出てきたの!

しかも美味しいです。

 

驚き・美味しさ・嬉しさ色々な経験をさせてくれた「Paoすりばち」さん。

過去には有名人も来られているみたいで、サインが何枚かありました。

是非、訪れてみてはいかがですか〜!

 

「Paoすりばち」

住所 栃木県佐野市石塚町2393

定休 月曜

営業時間 11:30〜15:00 17:00〜21:00