ヘビラボ

健康的に美しくなりたい! 楽しいところに行きたいし美味しいものも食べたい! そんなワガママをブログにまとめたものです。

橋本病と過敏性腸症候群とパニック発作の3つにまとめてなったので症状を話す

先日病院で行った血液検査で、橋本病であることが明確になった私です。

橋本病は「絶対に完治する」とはいわれていません。

 

また、今回の診察で一緒に明らかになった「過敏性腸症候群」に関しても、改善はするもののなかなか完治は難しいと医者はいってました。

 

それにかぶさるように、寝ている最中にいきなり恐怖感が訪れる「パニック発作」まで併発してしまいました。

それらを発症してどんな状態になったか、感じた症状などもお話しします。

 

 

過敏性腸症候群とは?どういう症状?

カラフルな薬

主に、大腸の運動や分泌機能の異常がみられ、起こるとされる病です。

 

検便などの検査を行ったとしても、炎症であったり腫瘍なんかもみられないといいます。

それなのにもかかわらず、慢性的な下痢・便秘が起こる消化器疾患とされています。

この病を抱えると、楽しいデート中・お食事中・何かに集中している最中などにいきなり冷や汗ものの腹痛が襲います。

 

これまでに試した過敏性腸症候群の緩和の方法

  1. ビオフェルミンSをラムネのように毎日噛む。
  2. できる限り発酵食品を摂る、腸内環境をよくしようと努力する。
  3. 食物繊維を多く摂る。
  4. 夏でもお腹にホッカイロを貼る。
  5. へそ出しルックはしない。(言い方の昭和感w)

 

まだいくつかあったかもしれませんが、思いつく限りだとこんな感じです。

しかしこんなことをしても一切効果はなく、トイレが近くにないと不安な毎日は続きました。

 

パニック発作ってどんな感覚?

口を開けているマスコット

パニック発作は、これまで生きてきた31年で初めての経験。

人によってタイミングは異なりますが、悪い悪夢にうなされ、あわてて目覚めると「夢で良かったー」というあの感覚が訪れないのです。

 

まるで、一畳のスペースに立たされ周りにゾンビでもいるかのような感覚。

または「今すぐバンジージャンプを飛ばないと命はありませんよー」といわれたような感覚です。

とにかく急を要する恐怖で、焦っても何も状況や恐怖が変化しないことにまた焦りを感じます。

 

しばらくして発作はおさまったものの、その発作は2週間くらい毎日続きました。

もう眠るのが怖い程だったので、心療内科に行き、頓服薬を処方していただきました。

 

こうして、パニックに関することを書いていると、じわっと背筋から発作が起こりそうになることも…

実はこの見出しの画像をいつもお世話になっている画像サイトで検索していたら、パニックになっちゃいました( ;∀;)

どんなことが引き金になるかも分からないので、常に明るく楽しいことを考え、気にしないようにしています。

最近は、パニック発作の頻度が減ったので、後日試したことなんかも書いていきますね。

 

橋本病どんな病気?身体にどんなことが起こったの?

女性の首元

パニック発作に覆いかぶさるように橋本病になりましたが、橋本病は甲状腺の機能に異常がみられる病です。

甲状腺の機能が低下しているのが橋本病で、これが重度になると甲状腺機能低下症と名前が変わるそうです。

 

橋本病になってどんな症状を抱えているの?

橋本病になって感じた症状はこんな感じ。

  • 疲れやすい
  • 急に眠くなる
  • むくみがやばい(ラーメン食べて寝た後みたいなかんじ)
  • 太る、そして痩せない。マジで痩せない。
  • 火照り
  • のぼせ
  • 鬱っぽくなる、やる気の減退

毎日、なんか気分に左右されるなーって思っていましたし、30過ぎて痩せにくいといわれているにしては、いくらなんでも大げさすぎないかい?くらい痩せないです。

 

診察を受けた時にも先生に「最近太るようなこととか、痩せないってことある?」って聞かれましたが、まさにそれ!

そして、食べたらその分太る。

まぁ、何はともあれ、こんな風に一気に身体に異変があったからこそ、このブログをやろう!って決めたわけです。

ゆっくりいきましょうや。

 

ちなみに、気づいた症状のなかに「月経過多」もあったのでそちらに関してもお話ししました。

www.kenkoukirei.info

噂では、不安障害・うつ病パニック障害と、甲状腺自己免疫疾患が関係あるともひそかにいわれていたりもしているぽい。

 

知識がなくても自分なりに何か行動を起こすことは大切なんじゃないかと思うので、ちょっとアレコレ試してみましょう!

無知識ながらいろいろ試行錯誤して試すので「あんたアホか?」と思う方もいるかもしれませんが、見守っていただける方がいたら幸いです。

 

そして、これからグルメや料理についてと一緒にダイエットにも励むので、そちらの方もお話ししていけたら…って完全に雑機ブログですねw

これからもよろしくお願いします。