ヘビラボ

ダイエット・住宅・健康・グルメ・レジャーなど

気になる全身のむくみ!漢方の当帰芍薬散で解消はできるか飲んでみた

過去に私は橋本病だと伝えていますが、最近むくみが気になり「ぼーっとしてる?」って言われてしまうほどです。

 

そこで橋本病でなくても、むくみを解消するために飲んでいる人も多い、当帰芍薬散を飲んでみることにしました。

その感想やむくみが解消されたかどうかなどもお話しします。

 

 

むくみの原因は?当帰芍薬散でどうにかなるかも?

考えている女性

とあるサイトでは、橋本病によるむくみは、「ムコ多糖類」が皮下にたまることで生じるとありました。

ムコ多糖とは

人間の身体の細胞の回りにあるもので、体液を抱え込みため込む物質のことらしいが、なんかモロにむくみそうなイメージ。

でも、この体液を通じて体のいたるところに栄養を運んだり、老廃物の除去を助けてくれるから欠かせないものなんだって!

 

正常に働いていれば、体の「代謝と循環」を担ってくれるもの。

つまり皮下にこのムコ多糖がたまっていることは「代謝と循環」がされにくくなっているという状態!

これらが体中で起こっている状態を「粘液水腫」というようです。

ちなみに、橋本病にはよくみられる症状らしいのですが…

それにしてもこのむくみ、全身を圧迫されている感覚が気になって仕方ありません。

ギュムギュムしてて動きにくい。

 

あまりに気になるので、何か策はないかと調べていたら、薬局でも購入できる「漢方薬」を飲んでいる人もいるということでした。

 

その漢方薬は「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」というものです。

顔・手・足の水分代謝を活性化してくれるようなので、むくみの症状の緩和が期待できそうです。

早速買ってみることにしました。

 

 

むくみはいや!当帰芍薬散を購入してみた 

当帰芍薬散のパッケージ

当帰芍薬散はさまざまなメーカーからも販売されていますが、錠剤で飲みやすそうなのと価格もやさしかったので、クラシエのこちらをチョイスしました。

あ、ちなみに価格は約1000円/5日分です。

 

当帰芍薬散をむくみ改善のために飲んでみた!形状や味は?

効いたらいいなぁ、という期待をはせつつ飲んでみることに。

手に取って見てみると、見た目は完全に木材・ボタンといったところです。

当帰芍薬散の中身

においを嗅いでみると、正直いってクサい。

どういう風な香りかというと、セロリが「クスリ化」したような香りです。

セロリは好きなのにイメージが悪くなる…説明が難しいですね笑

 

口のなかに入れてみると、嗅いでいたときよりもダイレクトにセロリが「クスリ化」したような香りが鼻奥と喉奥に広がります。

これ、錠剤をチョイスして正解だったかもしれません。

粉だったら一回飲んで断念していたかもしれない程、強烈でした。

 

当帰芍薬散によるむくみに対する効果は?

女性の鎖骨近辺

とりあえず飲んでみましたが、西洋医学の薬と違って漢方は効いているのか分かりません。

漢方薬は基本的に副作用が少なくて、効き目が穏やかなものが多いといいますからね。

※副作用があるものもあります。

 

ちょっと感じた漢方薬の効果は、利尿作用かな。

今日、半身浴をしたのですが、普段おとずれない半身浴前と半身浴後の両方(間隔は1時間)で尿意がきた!

それから若干ではありますが、腕の節々をゴムチューブで圧迫しているような詰まった間隔もマシになったかも?

 

当帰芍薬散を飲んで2日が経過

 当帰芍薬散を飲み始め2日が経過しましたが、気になるむくみは初日に比べてだいぶ緩和されました。

しかし、ここで以外にも副作用らしき胃もたれを感じるように。

パッケージの裏面に書かれている情報でそれらしきものはあるかな?と見ていると、あります…あります・・・汗

当帰芍薬散の副作用

漢方は副作用が出ない傾向にあるっていわれていますが、こうやって表れることもあるんですね。

まさに人体実験。

 

 

当帰芍薬散はむくみ以外に効果あるの?

女医

当帰芍薬散はむくみ以外にもこんな症状の改善も期待できるらしい。

  • 下腹部痛
  • 頭が重い
  • めまい
  • 肩こり
  • 耳鳴り
  • 月経不順や異常
  • 更年期障害
  • 腰痛
  • 足腰の冷え性
  • しもやけ
  • しみ

うーん、幅がとにかく広いですね。

漢方がなぜこんなに広範囲の症状に効果があるといわれているのかというと、漢方は色々な生薬を混ぜて作られたものだかららしいです。

 

漢方薬が飲みにくい時はどうしたらいい?

ミネラルウォーター

 今回の私みたいに、漢方薬の臭いや味に我慢しながら飲んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、漢方薬はさまざまな工夫をして飲むことができるので、試してみるといいかも。

例えば、葛根湯ですが、漢方の種類に「湯」と書かれているものは、古い昔、湯に煎じて飲むのがやり方だったそうです。

そのため、液剤にした方が飲みやすいのであれば、湯に溶かして飲んでみてください。

 

他にも、水あめにくるむようにして誤魔化すという方法もあります。

甘い味であれば、口に入れたときの苦みを緩和することができるかもしれませんね!

その他、ココア・アイスクリームなどと混ぜて飲むなどもいい!^^

また、病院には漢方を飲む専用のゼリーなんかも置いてあるところもあるので、そういったものもまたよいですね(*^^)v

 

今回むくみが気になりすぎて、当帰芍薬散を飲み始めたのですが、5日分飲み切ってみたところ、わりとむくみは解消されました。

2日目に感じていた副作用もだんだん軽くなって4日目には何ともなく飲めました。

私にはこの漢方が合うようですが、人によっては体に合わないというようなこともあるみたいなので、参考にしていただけたらうれしいです。

 

生薬なので、やはり飲みにくさがあるのがちょっとマイナス点といえますが、またむくみが気になることがあれば、当帰芍薬散を購入しようと思います。