ヘビラボ

ダイエット・住宅・健康・グルメ・レジャーなど

歯科が怖すぎるけどこの方法なら完治まで通える!無痛治療3つ!

私、歯科がめちゃくちゃ苦手です。

どのくらい苦手かって?そりゃ、もうちっこい鏡を口に入れられるのすら無理です。

とんがった器具でギリギリやられるのなんてもう、手汗もの…

 

同じ悩みを抱えている人のために、実際に歯科に行って麻酔とか無痛治療について聞いてきたので参考にしてみてください。

 

 

歯の治療は痛くないのがいい! 

歯の治療中の女性

近年では、保険適用で静脈内鎮静法や笑気吸入鎮静法などの特殊な麻酔をした上で治療を受けることが可能な歯科がずいぶん増えました。

無痛治療で行われている方法を3つ詳しくあげてみます。

 

①麻酔が痛くない?麻酔の痛みはほぼ無痛!

歯科恐怖症にとって何が怖いかといったら、まずは麻酔の痛みかも知れません。

麻酔の際の痛みの元となっているのが、針の太さ・麻酔液を注入する際の速度・麻酔液の温度によるものだといえます。

 

近年、無痛治療に取り入れられているのは、麻酔をある程度の温度まで温め、かつ、ゆっくりと挿入されるらしい。

モコモコーっと麻酔液が入ってくるので、あの思い辛い感じが一気には来ず楽。

その麻酔の見た目はゴツイですが、音楽なんか流れる愉快なマシンもあるんですよ! 

 

それから、針の太さも進化しているといいます。

従来の針の太さは0.3ミリから0.4ミリだったのですが、近年は0.26ミリまで細くなったそうです。

刺すものの太さが細ければ、痛みも当然弱くなると考えられますよね。

しかも、表面の麻酔もするので、針の先が触れた時の「プッツン痛」もほぼ無痛らしいですよ。

 

小学生の頃に私が行った歯科では、カイジばりの「キンキンに冷えてやがる!」の麻酔液をずぶずぶーっと刺す医者で、気絶するかと思いました。

打たれた直後、あまりの痛みに診察台の上で体育座りになってました。

 

とにかく、麻酔が苦手な人であれば、このゴツイ麻酔をやっているところを探せば、「歯科が怖い」を克服できたも同然かも!

 

歯の無痛治療②静脈内鎮静法は歯科治療を覚えてない?

静脈内鎮静法は、静脈に鎮静剤を点滴して行われるもの。

この麻酔を使うと、浅く眠っているような状態に近くなるものの、呼びかけには応えられるとかいうまるで魔法のような麻酔。

なので、気づいたら治療終わってたわー!なんてこともあるみたい!嬉

 

まれに麻酔から覚めると、ふらついたり、アレルギー反応が起こることもあるんだとか。

 

 

歯の無痛治療③笑気吸入鎮静法はふわふわする?

笑気吸入鎮静法は、不安や緊張感などを緩和してくれる笑気ガスを鼻から吸引するというもので、よくいわれる感覚は、酔っているようなぼんやりしているような感じだといいます。

これ、私の妹が受けていましたが、吐き気が止まらなかったらしいので、合わない方は合わないのかもしれません汗

 

麻酔が効きにくい人もいる?麻酔が効いていないから痛いのかも!

歯のマスコット

これも私の経験上あったことなのですが、麻酔をしているのにもかかわらず「治療されている歯が痛い」と感じることがありました。

ちなみに、私の旦那様は歯科治療での麻酔はあまり効かないので、心を鬼にして治療を受けているようです。

しかし、なぜこんな風に麻酔が効かないというようなことがあるのでしょう。

 

それはいくつかの理由がありますが、麻酔した部分の炎症がひどい場合が考えられます。

また、他にも男性の多いのが、アゴの骨が太いと麻酔が効きにくくなるといいます。

その場合は、特殊な麻酔(伝達麻酔・歯根膜麻酔)などが必要なこともあるそうです汗

 

その歯科治療の痛みは恐怖心が作り出す!

汚れた女性

麻酔は、想像しただけでも怖いです。

治療も怖いし、時々痛い気がします。

しかし、この痛みは「恐怖心や不安感」からくるものだとか。

※私はたぶんこちらかも!

 

恐怖心や不安感を払拭するためには、歯科医師との信頼感が必要らしいのです。

その方法として歯科医師は、どのように治療を進めていくのか説明したり、痛みを感じたらすぐに治療を一時的に止めたりなどの配慮が求められる…

 

時には、いかにラフで話しやすい医師であるか、打ち解けてもらうためにジョークなんか挟んだりする人もいるとかいないとか…

歯医者さんは大変ですね汗

 

それでもどうしても不安や恐怖がぬぐえない場合は、一発芸でもお願いしましょう。

 

実際に静脈内鎮静法や笑気吸入鎮静法を扱う歯科を受診した

歯科治療台

私は過去に結婚して現在の街で暮らしていますが、こちらで無痛治療を行っている歯科にかかってみたものの、結果的に怖くて通えなくなりました。

やはり、それは恐怖心と不安感が大きかったと思います。

 

そこで、先にお話しした静脈内鎮静法や笑気吸入鎮静法を行ってくれる歯科を見つけることがでたのでお話しします。

ちなみに、まだ現段階では治療を受けていないので、ブログとしても途中になってしまいます。

2/26に治療を受けるので、その感想もお伝えします。

※実際に受けてきたのでこちらもどうぞ!

 

 親知らずの抜歯に関してはこちら!

www.kenkoukirei.info

 

 

神経を取る治療に関してはこちら!

www.kenkoukirei.info

簡単にどの歯が気になるかを聞かれ、全体の歯の検査を行いレントゲンを撮り、どのへんにどのように神経が通ってて、どう治療したらいいのかをとても細かくご説明していただきました。

また、無痛治療についても教えてくださいました。

↑これがおそらく信頼感を築くアレになるのなのかも!

 

また、歯科恐怖症がどの程度であるかも聞かれ、静脈内鎮静法を使っていこうとのこと。

ほぼ寝てる間に終わるやつやん!と心でガッツポーズ!

また、静脈内鎮静法の麻酔の最中にクリーニングも済ましてくれるらしい。

 

人によって違うかもしれませんが、歯のクリーニングって「ツン」とくるような感覚ありませんか?

耐えてしまえばいいのですが、私は耐えられないので、今回このご提案をしてもらえたのはとても嬉しかったです。

 

静脈内鎮静法をするには麻酔医が必要!

静脈鎮制法の書類

麻酔医から、今回、静脈内鎮静法を受けるにあたって細かな説明を受けました。

今回私は、部分麻酔と静脈内鎮静法と併せて静脈麻酔も受けるらしいです。

麻酔まみれっすねー嬉

 

また、現在の体の状態を知るために、かかりつけの内科で定められる検査を受ける必要がありますよ~!

以上、歯の無痛治療についてでした!