ヘビラボ

健康的に美しくなりたい! 楽しいところに行きたいし美味しいものも食べたい! そんなワガママをブログにまとめたものです。

無痛治療で歯の神経を取った!痛みやその経過は?

歯科が苦手だという方は、治療においての「金属のあたる感じ」や「抜歯や治療の際の痛み」「削る音」「歯科の院内に入るのも怖い」って感じるかもしれません。

できるだけ治療は痛くなく早く終わってくれたら最高ですが、私は無痛治療をしてくれる歯科に通院しているので、その治療内容をお話しします。

 

今回は、神経を取り根管治療をしてもらいました。

歯の神経についても記述しているので、よろしければ参考にしてみてください。

 

 

なぜ歯の神経を取らないといけなの?

口を開けている女性

歯科に行ったことのある方で深刻化した虫歯である方のなかには「神経取ります」といわれたことがあるという方もいるでしょう。

しかし、そもそもなぜ神経を取らなければならないのでしょうか。

 

歯の中心部分には、神経以外に血管も通っていて、そこから歯に栄養を送ってくれ歯の健康を守ってくれています。

歯にとってなくてはならない歯の神経ですが、虫歯などの細菌によって神経や血管が負傷してしまうと、その進行状況によっては完全に神経が使えない状態になってしまうといいます。

 

その神経をそのまま放置していると?

歯にこれからも栄養を送ってほしいですから、できるだけ神経は残しておきたいですよね汗

でも、使えないと判断された神経を残しておくと、痛みがもっと強くなってしまったり、細菌が歯の根の先まで到達して膿がたまってしまったりする可能性もあります。

また、汚染された範囲、つまり虫歯の範囲が広まっていくと、その歯自体を抜かなければならないというようなこともあり得るといいます。

 

虫歯になったからといって絶対に神経が使えない状態になってしまうのではなく、場合によっては適切に治療を受けることによって神経を取らずに済むというケースもあるので、歯医者さんに相談してみるのもいいですね☆

 

でも、歯医者が怖い!痛い思いをしたことがあって恐怖!という方は、これからお話しする静脈鎮制法を使った無痛治療もおすすめです。

 

深刻化していく虫歯は神経に到達…でも無痛治療がいい!

歯科治療を受ける子供 

実際に私の歯の神経は完全に細菌にやられていました。

その歯は、他の歯科で治療したものの怖くなって通えなくなったところで、完全に他の歯科からしたら迷惑そうなやつです汗

 

恐らく、前の歯医者によって進められていた治療は「神経の治療」だったと思います。

特にその時は「神経を取ります」ということもいわれていませんでした。

だから、きっとその歯の神経の治療をきちんとやってもらっていれば、こんな大ごとにならずに済んだのかもしれません。

 

前の歯科に通うのを辞めてから結構な月日が経ち、私の歯の神経は細菌によって「使えない状態」になっていました( ;∀;)

見た目的には、自然歯が周りにあり、その真ん中に別の詰め物をフタのようにかぶせてある状態です。

 

早速、やっと見つけた無痛治療の歯科に見てもらうと…

「あぁ、神経取った方がいいね」とのこと。

 

静脈鎮制法という麻酔で無痛治療を受けてみた!歯の神経を取る!

悩んでいる銅像

歯医者さんから告げられた神経の除去ですが、内心怖くてたまりません。

だって、神経=痛みを感じるってイメージじゃん?

そんなの引っこ抜いたら痛いに決まってるがな!!

 

そんなことを考えていたら、歯医者さんが悟ってくれたのか、

「あ、静脈鎮制法と局部麻酔で行うから大丈夫ですよ~」

笑顔でいってくれました。

 

静脈鎮制法についてはこちらの記事を参考にしてください。

www.kenkoukirei.info

 

ちなみに、親知らずの抜歯に関してはこちら!

www.kenkoukirei.info

上の記事では、右上親知らずの抜歯を行っていますが、神経を取った方がいいところは右下であり、同じ右のため同時に行うとのことです。

 

このときは、「静脈鎮静法って初めて受けるけど、無痛治療で使われている麻酔だよね?でもそんなに信用していいものなの?」って思っていましたし、疑心しかありませんでした。

 

無痛治療を受けた感想とその経過は?覚えてない?

歯科診療台

そして運命の日。

いざ診察が始まると、意識がボンヤリとしていつの間にか眠っていて治療は終わっていました。

痛くないというか、むしろ寝てて覚えていない…w

 

神経を抜いたあとでも歯が痛むことがある?

虫歯のマーク

歯の神経を取ったあとは、「根管治療」というものを専用の「針金」のようなもの(針金ではない)を突っ込んでお掃除をするそうです。

この処置が必要な理由は、最終的なかぶせものをした際に歯に何らかの影響が出ないようにするためらしい。

何度か薬を入れ直しつつ綺麗にするんだとか!

 

どんな痛み?①

この処置の際に生じる痛みは、歯の根っこ近辺を小型のハンマーでぶん殴られたような痛みです。

 

これを読んでいる歯科恐怖症の皆さんには申し訳ないですが、真実を書きたいので、はっきりとした表現をさせていただきました!

でも、痛みを感じるのは個人差がありますから(*´Д`)

私はちょっとの痛みですら敏感なので、このくらい感じたということです。

 

その痛みの理由はいくつか考えられるといいますが、今回の私のケースは担当の先生曰く、「歯の根の周りも敏感だから」ということです。

神経を抜いたとしても、その他の部分は感覚があるため、処置の影響で痛みを伴っているとのことです。

他にも、歯の神経が残されているケースもあるようですが、私の場合は前者らしいです。

 

どんな痛み?②

そしてもう1つは、根管治療は数回にわたって行われるのが一般的なようですが、家に帰ってからも痛むことがあります。

痛みの種類としては、太めの針で歯根をつつかれているような感じです。

 

他に感じたのはこんなこと。

  • 歯が浮いたような感じ
  • 嚙合わせると強い痛み
  • 噛んでいなくても脈打つような痛み
  • なぜか歯磨きは痛くない
  • 白米がこれほどまですりつぶすのが大変だったことはない

根管治療の時に削った部分に白い仮歯を詰められますが、低すぎても食べ物をすりつぶすという奥歯の仕事がしにくくなりますし、高すぎても噛み合わせたときに強く圧力がかかって痛むかも汗

 

歯科恐怖症はその1度の「痛み」を知ると通院ができなくなってしまうかも

拷問をする者

歯科恐怖症にとって、たった1度の「痛かった」ということを経験してしまうだけで、もうその歯科が「拷問部屋」に見えてきます。

どんなに優しかった先生も、鬼のように思える。

 

「早めに治療した方が痛みも少ない」というのは、よくいわれることですが、そんなこと歯科恐怖症の方は皆分かっているのです。

でも足はおろか、心がそれを許してくれないのです。

 

もう、痛すぎて耐えがたいので、数回行っている神経を抜いたあとの根管治療を静脈鎮制法を使って行ってもらいました。

 

静脈鎮静法で「根管治療」を受けた感想は?

結果として感じたことは、はっきり覚えていないものの、やはり痛みはあったということです。

 

感覚としては、悪夢にうなされているような感じでした。

その理由は、歯科でよくされる「局所麻酔」などとは違うものなので、痛みを感じたり場合によっては覚えていることもあるといいます。

根管治療と一緒に歯のクリーニングもしてもらいましたが、それは全くしみたり痛んだりすることはありませんでした。

 

歯科恐怖症である自分のために根管治療で麻酔ができるか調べてみた

口を開けている女性

歯科恐怖症である私は、静脈鎮制法というスバラシイ麻酔を使ったとしても、恐怖を感じ始めています。

しかし、どうにか全ての歯を綺麗に治してもらうためには、通院しなければなりません。

 

そこで、神経を抜いたあとの根管治療に局所麻酔が使えるのか調べてみると、どうやら歯科関連の記事で探していた内容を発見しました。

それによると、「根管治療でも局所麻酔を使用することができる」と!!!

なんなら、「根管治療で痛むという方は、できるだけ局所麻酔をしてもらうようにしましょう」とすら書かれていました(:_;)

 

ちなみに、「局所麻酔の痛みはどうなのさ?」と思う方もいますが、私が行っている歯科の場合は、静脈鎮制法で眠った状態の時に局所麻酔をしてくれるので、私の場合、麻酔の痛みは感じません。

 

さっきもお伝えしましたが、こんな風に痛みと闘うくらいなら、早めに治療を受けた方がよかったかもしれません。

でも、歯科恐怖症であるため「痛むな…」と感じないと、ことの重要さに背を向けてしまいがちなのです。

それでも、今回のような根管治療を受けるくらいならもっと早めに歯科に行こうと思いました。

神経をこれから抜く予定の方、神経を抜いたあとの根管治療の痛みに悩まされている方、私と一緒にがんばりましょう。

 

まだ根管治療があるので、それを受ける前に先生に相談してできるだけ局所麻酔を使ってもらうように頼みたいと思います。