ヘビラボ

健康的に美しくなりたい! 楽しいところに行きたいし美味しいものも食べたい! そんなワガママをブログにまとめたものです。

見た目に変化あり!60.3㎏からダイエット4ヶ月の成果とその方法は?

ダイエットに挑戦して4ヶ月が経過しました!

ダイエットって体重を計ったほうが己と向き合えるっていいますが、私の場合プレッシャーに押しつぶされそうになるので、完全に見た目で痩せたとか引き締まったとかを判断します。

 

今回やった&継続している体重を計らないダイエット、見た目だけで変化があり、成功しました!

 

 

体型の違いの変化!体重は分からないけど見た目に変化あり!

見た目に大きな変化が出てきたので、写真を公開します。

↓もともと↓

お腹が出ている

横からもご覧ください。

ダイエット前

この肉肉しい肉体…そして、ズボンに乗っかった贅肉。

このレベルまでくると、空気を吸うようにして引っ込めたとしても引っ込みません。

身体に厚みが出ているので、ゴツイ印象がありました。

 

↓そしてこちらが、4か月間のダイエットの成果↓

ダイエット後

引っ込めていなくてこの腹です。

このハイウエスジーンズは、痩せる前に購入していて「痩せたら着てやろう」と保管しておいたものです。

ちなみに上の服は、45キロだった時のやつ。

 

着れた…

というわけで、ここまで痩せることができた私のダイエット方法を教えます。

 

見た目で変化を感じるダイエット方法!主食は適度に食べる

よく、ダイエットをするのには主食であるパン・麺・白米などの炭水化物を控えて、できるだけ野菜や肉でエネルギーを摂取するほうがいいとかっていう方もいますよね。

しかし、主食を摂らないとリバウンドの原因にもなる&便秘になりやすくなるという声もあります。

 

「それなら主食は食べた方がいい」と考えますが、糖質が気になりますよね。

私はそのことを考え、主食は0.7合の白米を朝だけ食べます。

昼と夜は食べません。

 

0.7合って結構多い…ちなみにおかずは、野菜(黄緑と緑と赤を意識)たんぱく質(卵焼きやウインナー)発酵食品(自家製ピクルス)飲み物はお茶類(あたたかいもの)です。

健康面においても、今のところ「主食を絶つことで起こりうること」などの長期的なデータはないようなので、それも考慮して多少は摂った方がいいんじゃないかと考え、一食はしっかり食べるようにしています。

 

運動は見た目で変化を感じるために絶対必要!

開放的な女性

ダイエットを成功させるためには運動は欠かせないのは多くの人が知ってますよね。

でも、どんな運動をどんな順番でするかが大切らしいのです。

最初は「大」が付く筋肉の筋トレから

運動は筋トレからしますが、そのなかでも「大」って付く筋肉から行うとよきです!

大きい筋肉から動かすと、使われるエネルギーも多くなるからです。

エネルギーがたくさん残っている内に大きな筋肉をフルに動かして、最大に鍛えつつエネルギー消費をします。

負荷は重いものから軽くしていく

最初に最大限の力で筋トレをし、辛くなってきたら負荷を軽くするのもいい方法です★

逆にしてしまうと、軽い負荷のときにちからを多く使ってしまい、重いものを持ち上げるちからが残されなくなってしまうという説もあります!

有酸素運動よりも筋トレの無酸素運動の割合を増やす

有酸素運動ももちろんダイエットにも体にもいいですが、毎日1時間程度のトレーニングを継続すると考えた場合、有酸素運動の時間を短くして、筋トレの時間を長くした方がいいです。

筋肉が強くなれば、運動をしていない間の消費エネルギーも高まるのでリバウンドしにくなります。

 

過去に有酸素運動だけでダイエットをしたこともありましたが、身体はたるんだまま目標体重に到達したものの数日でリバウンドしてしまいました。

 

筋トレを優先させつつ今のダイエットをしていますが、今のところ体系的にリバウンドしたなぁ…と思う日はありません。

運動はウォーキングやランニングよりも筋トレを多めにし、食事+プロテインで調整する方が効果がありました。

 

 

便秘にしないために普段からお腹のことを考える

お腹をいたわる

ダイエットをすると「便秘になって出なくなる」という人も多いらしいですね。

 

私は過敏性腸症候群なので、「腹痛があるのに出なくなる」もしくは、超大事な場面で「ピーピーと腹痛がおさまらない」という最悪の状況を招きますw

まさに、人体ロシアンルーレット状態。

トイレに行ったりきたりになるので、マジで普段から便通を快調にしようと普段から心がけています。

 

それに、便秘になるとお腹も重たいですし、ポッコリ出ちゃうのも恥ずかしいので、できるだけ便秘とは無縁でいたいですよね☆

野菜はイモ類も食べよう

ダイエット中に食ベるイメージの野菜って、キャベツ・レタス・トマト・オクラとかの水溶性食物繊維のものが多い傾向にあります。

水溶性食物繊維は便を出しやすくするために水分を含ませてくれるので、便秘解消には欠かせないものです。

 

でも、不溶性食物繊維は便のかさを増やすものでこれが少ないと、便自体が増えないのでいくら便通をよくしようとも、モノ(ウンモちゃん)がないので便秘を招くといいます。

また、不溶性食物繊維は腸壁を刺激してくれる役割もあるので、めっちゃ大事です。

不溶性食物繊維も水溶性食物繊維もバランスよく摂って、毎日のお通じをよくしましょう。

水溶性食物繊維
  • ライ麦パン
  • インゲン豆
  • ゴマ
  • 干しプルーン
  • ゴボウ
  • モロヘイヤ
不溶性食物繊維

 

 

体重計に乗らなくても鏡で見た目の変化をチェック!

体型をチェックする人

これまで、過去にやったダイエット方法はその日の体重に左右され追い込まれて、最後は断食に走ってみたり、過度にウォーキングなどの有酸素運動をするようなダイエットが多かったです。

 

でも、今回試した「あえて計らないダイエット」は、数字に左右されることがないのでストレスがまったくありません。

それでもやらなければならないことは、毎日姿見の鏡で己を観察することです。

 

例えば、お腹。

もう少し引っ込んだらカッコいいのになーなんて思いながら、眺めていると、よし!かっこいい引き締まった体になるために今日は腹筋をいつもより頑張ろう!って思えます。

横から見て、太ももに筋が見えてくると何ともいえない「勝利」に近い気持ちになる( ;∀;)

 

みなさんも、あえて計らないダイエット、試してみてくださいね☆