ヘビラボ

健康的に美しくなりたい! 楽しいところに行きたいし美味しいものも食べたい! そんなワガママをブログにまとめたものです。

建築請負契約をする!内容は?まだ中断できる?

無事に土地が決まったら、建築請負契約をします。

でも「契約」って言葉が出ると「もう中断できないのでは?」と不安になりますよね汗

そこで、今回は建築請負契約についてお話しします。

それから、中断できるのかどうかも一緒にお話しするので参考にしてみてください。

 

建築請負契約とは?

家の前に立つ人

建築請負契約とは、家を作る・リフォーム・リノベーションなどをするときにメーカーとの間で結ぶ契約のことです。

その内容は、建築・設計・施工などが含まれます。

 

その内容には、メーカーの名前・自分たちの名前・施工内容・金額・工事の内容や期間も書かれていて、間取りの変更による坪数の変動などによっては変更契約をする必要があります。

金額やいつから払うのかも書かれているため、住宅ローンを組む際などに、もう一度確認する必要のあるものです。

 

建築請負契約はどんなことをするの?

芝生の中に建つ家

建築請負契約をするときは、契約に関する内容がびっしり書かれたものを渡され、ひたすら読み上げます。

分かりにくいところがあれば、その都度細かく説明してくれます。

まぁ、この時間がとても長い…(´_ゝ`)

もちろん、めちゃくちゃ高い買い物をするわけですし、何か行き違いがあってもだめですから長いのは当然ですが。

1時間くらい?「はい」しか言わないです。

 

横目で旦那様の顔を見ると、ちょっと寝てるがな。

「あんた、これから一緒にローン払うんだぞ?寝てる場合かいな!」ってことで旦那様の太ももを指先をツン!

 

想像以上に効いたのか、お尻でちょっと飛んでた↓

お尻で飛び上がる人

流れとしては、最後にもらう冊子に印鑑を押して終了なのですが、ここは大きな節目になります。

なんせ、メーカーの名前・自分たちの名前・施工内容・金額・工事の内容や期間などが載ったものに印鑑を押すわけですからね。

 

建物請負契約をする前の注意

f:id:kenkou630:20190625070251j:image

↑これ、建物請負契約書

建物請負契約をする前には、ざっくりではありますが家の図面と土地込みの見積もりが出されます。

もちろん、これは最終的な決定なんかではなく、ここから途方に暮れる程変更ができます。

おおよそ、どういう家にするのかということです。

 

「家を購入するのをご家族は反対などはしていませんか?」と、いろいろなメーカーさんで聞かれました。

ときどきいるみたいですね、ちょっとお金を出すから口も出すみたいな…汗

私も旦那様も両親からの支援はなかったので「家、買うわー」位にしか言ってなかったのですが…

近所に住む旦那様のお母さんに軽い気持ちで、出ていた見積もりを見せると非常に不安がられていました。

とはいっても、日本語ではなくスペイン語なので、旦那様に通訳してもらうと…

「こんなに高いの?二階建てじゃないのに?排水設備ってなにさ!水を出すだけなのにお金を取るの?」とのこと(・∀・)

 

見た目的には、確かに二階建ての方がドーンって感じですから値段が高い印象もありますが、平屋の方が基礎などの範囲が広くなることが多いので、値段が高くなります。

排水設備がないと、暮らせません。

その旨を旦那様に通訳してもらったのですが、まだ不安そうなお母さん。

 

私は営業さんに電話し「ちょっと家、だめかもしれません」と伝えます。

営業さんは泣きそうな声で「内訳をもっと細かく出しますか?できることなら何でもします」とのこと。

 

一緒に住むわけではなかったとしても、あまりよくない雰囲気のなか家を建てることはしたくなかったので、ちょっと諦めていました。

すると、旦那のお姉さんがお母さんと話してくださったようです。

お姉さんは、めちゃくちゃしっかり者だし言いたいことははっきりいうので、私大好きです!!(*´ω`)

「基礎とか広くなるんだから平屋は値段が高くなるんだよ!!大丈夫だよ、ちゃんと計画して建てるんだから」と…!

お母さんはすぐに納得してくださいました(*´ω`)♡

神だ。

パトリシアよ。ありがとう(*´▽`*)

 

建築請負契約後やっぱりなし!はできるの?

結論からいうと、できます。

アエラホームの営業さん曰く、建築請負契約を結んだばかりであれば契約を解除したとしても購入者に大きなマイナスはないそうです。

ただし、現場監督や設計士が動いてしまえば、その費用は支払わなければならないらしです。

「だからまだ全て白紙にできますから、安心してくださいね!あ、白紙は僕としては悲しいですよ!?」とのこと笑

家を建てると決めて、そのメーカーがいいと決まったとしても不安に思うことは皆さんあると思います。

 

オール電化にしたら電気代高くなるのかが不安

オール電化だと、ガスの分まで賄うので高くなる印象ですが、比井さん家の場合で計算すると1万円前後で済みますよ!」と他の家のオール電化の電気代の明細を見せてくれました。

 

「気密性が高いのと全館空調があるので、今までの感覚とはだいぶ違います。あれ?もう涼しくなったの?って感じますよ。」と、アエラホームの特徴の1つである気密性のことを思い出させてくれます。

今のアパートは隙間だらけなので、虫も四方八方から入ってくるので、どうしてもそのイメージがあるのです。

多分、気密性が高いというお話しは5回以上していただいたと思いますw

 

地盤改良あったらどうしよう

それなら、もう少し貯金してから買おうかなと思っていました。

「もちろん、それでもいいと思います。もしも、その土地で改良があったとしても全体の予算が収まるように努力します。」

www.kenkoukirei.info

引っ越し費用の捻出

引っ越しの時にお互いのお父さんは持病がある、高年齢であるなどのことから、引っ越し屋を使うかもしれないから、その費用もとっておきたいと伝えました。

「僕、引っ越し手伝いますよ!店長も行きますから!」めちゃめちゃ頼もしい笑

 

…とまぁ、本当に些細なことでも不安を解消するために、いろいろな提案をいただきまして、建築請負契約に印鑑を押しました。

こころから、どんどん細かくデザインや間取り決めがスタートします(∩´∀`)∩