ヘビラボ

ダイエット・住宅・健康・グルメ・レジャーなど

念願のマイホーム!お風呂とトイレはどこをオプションにする?

マイホームの水回りってめちゃくちゃ悩みますよね!

お風呂・トイレ・キッチン・洗面どんなのにしよーかな…(*´▽`*)

例えば「お風呂はドーンと大きいサイズがいい!」とか、夢って無限に広がりますよね。

そこで今回は、水回りでオプションにしたものをご紹介します。

 

マイホームの水回り!お風呂は?

芝生の上に建つ家

マイホームを購入する前にひっそりと決めていたことがあって、お風呂は標準のサイズよりも大きくしようということです。

私の親友のご主人は身長が190㎝あるのですが「足を伸ばしてお風呂に入りたい」ということからお風呂はドーンとデカいのを置いたらしい。

洗い場も、子供と3人で入ってもゆとりを確保できるように大きくしたんだとか!

見せてもらったときに感動が大きすぎて、私もいつかマイホームを購入するとなったら、「お風呂は大きくしよう!」と心に決めていました。

 

実際に家を購入するとなったときに、最近同じくマイホームを購入した妹に水回りについて聞いてみると意外な答えが!

「いいんだよ、お風呂は標準で。掃除大変だよ~!住み始めたら思うけど、壁とか水切りしたくなると思うから、それを考えると標準がいいし、使い心地も標準で十分だよ!」とのこと(・∀・)

なんか妙に納得してしまい、ずっと描いていた広いお風呂は標準のお風呂になりました。

 

しかし!譲れないのは、浴室乾燥機です。

以前、大東建託の物件に住んで居た時、浴室に乾燥機が付いていて、暖房にもなるしちょっと涼しい風を感じるし、最高でした。

主人が「絶対欲しい!」とのことで一式93,000円のものを付けることにしました!

あ、ちなみに浴室類は全てTOTOです☆

それから、一部だけアクセントになっている壁があるのですが、これをレンガのような石の雰囲気のあるものに変更したので、15,000円追加料金が発生しています。

一面の壁換えるだけでどんだけすんだよ!!って思います。

標準のものもあったのですが、うちの場合は淡い色だけで、もうちょっとカコイイのがいい!って思ったら、追加料金のものを選ぶ選択肢以外なかったです。

 

トイレは水回りのなかでもあっさり決まった!

続いてトイレです。

トイレは、便座が温かくて、ビデがぴゅーっと出てくれれば「なんでもいいや」と考えていました。

トイレもTOTOの商品と決めていたのですが、TOTOトークスキルがヤバい。

思わず自動でトイレの扉があくものを選びそうになりましたし、タンクレスにしようかとも思いました。

でも、「使えればいいっしょ」の精神を貫き、便器については全て標準です。

便器を除く追加は、手洗いを設けました。

理由は間取りから考えると、洗面所まで遠いので、手を洗いにいくのは面倒だからということです。

間取りにかんしてはこちらをどうぞ!

www.kenkoukirei.info

建具を基本白にしているので、手洗い場も白を選択しました。

床も変更できるとのことだったのですが、1帖だけで50,000円位だったのであっさり諦めました。

タカラスタンダードの床だったのですが、ウリの1つであるホーローはさびにくく、傷つきにくく、お手入れがしやすいのです。

でも、営業さんとしては、クッションフロアなら交換も、ホーローの床よりかは交換しやすいですよ?って思うようで、標準のクッションフロアで落ち着きました。

 

また、手洗い場の下に収納はあるのですが、ナプキン・トイレットペーパーをしまうとちょっと狭い。

特にストック嫌いな私は、買ったトイレットペーパーの一部を収納して、残りをリビングなどの収納で保管なんてしたくないのです。

「買ったものは使うところで全部収まっとけ!!」ということ。

 

そのため、手洗い場の上近くに、トイレットペーパーが12個位入るような棚を扉付きで設置してもらいます。

 

 次回は、洗面台とキッチン編をお届けします☆