ヘビラボ

ダイエット・住宅・健康・グルメ・レジャーなど

マイホームに住んでないのに後悔?ランキング4位を発表

今年のゴールデンウィークからマイホーム計画を進めていた私達ですが、完成まで残すところ残り1週間程度となりました。

そこで、完成を見ずに既に後悔しているところをランキング形式でいくつか挙げたいと思います。

 

「3回建てないと理想の家はつくれない」といいますからね( *´艸`)

是非、参考にしてみてください。

 後悔したランキング第4位!マイホームにはパントリーが必要だったかも!

f:id:kenkou630:20191102085109j:image

ランキング第4位はパントリーです。

 

パントリーは料理が好きな方であれば憧れますが、買いだめしない私は「無駄なスペース作るなら、ウサギの家広くするわよ」って思って取っ払っていました。

 

しかーし!!

よくよく考えたら、パントリーが必要な気がしてきたのです。

 

今は群馬県の市街地に住んでいるので農家の方は少ないのですが、マイホームは結構な田舎…

 

ひょっとしたらおこぼれの野菜なんかもらったりしたら、置くところないんじゃないか?

なんなら主人の姉様の家からもらった白菜ですが、アパートの玄関前を占領してるし、今後もこういうことあるんじゃないの?って思ってきたんです。

後悔しても仕方ないので、「もらったらすぐに食べる」を心がけるしかありません。

 

でも、食べものをいただけることはありがたいですね☆

 

クロス白すぎたんじゃね?後悔ランキング第3位

この前から不動産関連の業務をしているのですが、その際にクロスについて学ぶことがありました。

 

その内容が、「明るいクロスを天井に貼り、できるだけ床から天井に向かってだんだんと明るくなるようにすると部屋が広く見える」的なこと。

そして、「暗いクロスを天井に貼り、床も暗いものを選んだら壁は明るいものにすると部屋が横に広く見える」とかも書かれていました。


この内容、先に読んどけばよかったがなー!!

 

マイホームの床の色は白に近いグレーの木目、そして壁は白、天井も白、巾木も白だし、建具も白だし…頭の中も真っ白よ!後悔しちゃったかも。

 

ところどころにアクセントクロスを入れているので、ちょっとはマシになるはずですが、心配で朝昼夜しかご飯が食べられないですし、夜は7時間しか眠れません。

こちらがランキング第3位にランクインしました。

外構の予算取りをもっとしておけばよかった

私の後悔ランキングはまだ続きます。

 

第2位は外構の予算取りが非現実的だったことです。

 

住宅メーカーによっては、マイホームを建てることにかかる費用だけでなく、登記費用だったり引き渡しまでの間のみなし融資だったりの費用も含めて計画してくれるところもあります(*‘∀‘)

 

ちなみに、アエラホームはこれ以上にかからないように、予算をしっかりと見積もってくれました。

マイホーム計画でかかる費用で知らないものも全て予算に入れて計画してくれていたので、「こんなのが後でかかるなんて知らなかった」ってことはありませんでした。

むしろ、最初に請負契約をしたときの費用が後で返ってくると聞いて、ちょっと嬉しくなりました。

 

www.kenkoukirei.info

話は本題に…

外構って皆さんどのくらいの費用を想像しますか?

「花壇とか自分で後でやるから」とかそういう方はあんまり気にならないのかもしれませんが、私は大の虫嫌い。

www.kenkoukirei.info

そのため、玄関付近を草が生えてこないように全て土間コンクリートにしたかったのですが、予算取りを100万しかしていませんでした。

100万は大金ですが、外構をやるとなると圧倒的に資金不足です。

 

ジョイフル本田で私がしたい外構の内容を全て伝えると、260万でした(´・ω・`)

全然足らないがなぁ…ってことで、毎年少しずつ進めていくことにしました。

マイホームの後悔ランキング1位は!玄関の小上がりの幅

ランキング第1位は玄関です!

 

今のアパートは玄関がとても狭く、靴を脱いで小上がりのところの幅が70cmもありませんし、靴も4足しか出しておけないので、サンダル履き以外はしまっています。

 

「マイホームの玄関は広くなったらいいな!」と考えていたのですが、予算と掃除が面倒にならないためにも25坪の平屋を希望。

しかも、「極力廊下が少なくて、収納はあちこちに欲しい!」「リビングダイニングはもっと広くならないの?」「ウサギちゃんのスペースは1帖は必要です」なんてことをしてたら、玄関が狭くなりました。

 

小上がりの幅は下駄箱の設置がまだだったので測れていないですが、恐らく狭いと思います。

 

小上がりの幅を占領しているのが下駄箱だったので「下駄箱なんていらない!」って途中から伝えたのですが(←結構迷惑なやつ)もう注文してしまったので難しいとのこと汗

 

引き渡し後にしっかりとサイズ感が分かりますが、それまでの間は1cmでも広く見えるように願うばかりです。

マイホーム計画で後悔しないためにできることはないの?

今回は1~4位までのランキングで、私的に後悔したポイントをお伝えしましたが、後悔しないためにできる策はないものでしょうか。

イメージをする

マイホームで実際に自分が生活していることをイメージしてみましょう。

 

例えば子供ができたとして、お出かけする前にトイレに行きたいといわれたことを想定して、玄関からなるべく近いところにトイレを設けるなどです。

 

また、おじいちゃんおばあちゃんになったときのこともイメージできるといいですよね!

窓の開け閉めを考えるとして、力がなくなってきたことを想定し2枚の大きな窓にするのではなく、4枚の窓にするとかです。

 

バリアフリーや手すりなどもそうですね。

 

監督や営業に相談する

お友達や家族など、家を建てた方に聞くのももちろん参考になりますが、もしも設備や内装で迷っていることがあるならば、たくさんの住宅を見ている監督や営業に聞くのも1つの方法です。

 

私達夫婦は店長に相談しすぎて、「アニキ」と呼ぶ程の関係になれました(*´▽`*)

夢のマイホームを失敗しないためにも

今回は、引き渡しがまだ済んでいないものの、既に後悔しているところをランキング形式でお伝えしました。

 

人によっては、「そんなところ?」と思うかもしれませんが、一生暮らす家なので些細なことも気になるのでしょう。

もしも、住んでみて失敗したなぁと思うところがあったとしたら、補う方法を見付けたいと思います。