注文住宅のトイレはどうする?間取りやトイレ空間に必要なもの

注文住宅の水回りってめちゃくちゃ悩みますよね!

特にトイレは、小さいスペースながらも拘りたいものです。

「収納は確保した方がいいの?」

「手洗い場はあった方がいいの?」

「どのくらい費用がかかる?」

などの悩みを、こちらのブログで解決していきましょう。

 注文住宅を建てるけどトイレはどこにしたらいい?

注文住宅を建てるとなれば、間取りのどの部分にトイレを設置するかは大事なことの1つです。

不便なところに設置してしまえば、家が完成したときに後悔してしまうかもしれません。

住宅が完成する前に後悔したポイントの記事はこちら↓

 

www.kenkoukirei.info

 高齢者がいる場合

高齢者がいる場合は寝室に近いところにトイレを設けると移動する距離が短くなります。

 

でも臭いが気になることもあるよね?

そうだね!「トイレに窓を付ける」「換気扇を設ける」などでトイレ内の空気を入れ換えることができるようにしたいね!

小さい子供がいる場合

子供と一緒にお出かけをしようとした際や帰宅した際に、「ママ~トイレ~」といわれることもあるでしょう。

そんなときに玄関からトイレが近いと、サッと済ますことができます。

風水にこだわる

家庭によっては、風水を重要視したい方もいます。

その場合は便利であることよりも、水回りがどの配置になるかが大事になります。

ちなみに、風水にもいろいろありますが、鬼門や西側に水回りを配置しない方がいいとされています。

 

他にも、間取りにかんしてはこちらの記事もどうぞ!↓

 

www.kenkoukirei.info

?

 

「一般的にいわれている基本の風水だけ気を付けてくれればOK」というような場合は、設計士さんにその旨を伝えておきましょう。

トイレに手洗い場はあったほうがいい?

次に考えていきたいのは、手洗い場です。

手洗い場といってもトイレのタンクの上についているようなものではなくて、壁側に小さな水道と洗面が取り付けられているものです。

 

トイレに隣接して洗面台があるような間取りであれば、手を洗う動作にそこまで不便さは感じないのかもしれませんが、洗面台から遠い場合は付いていると便利かもしれません。

 

便利だけどデメリットもあるんだよ

なんだろう!手を洗えて便利なのに!

掃除する箇所が増えるの

そう、水が出るということは、定期的に掃除をしなければ水垢が付着して残念な状態にもなりうるということです。

それから、水圧や蛇口の下にある洗面台の大きさによっては、激しく出した水が飛び散ることもあるので水を出す際は注意が必要です。

 

それだけでなく、手を洗った後に手を拭くためのタオルやペーパーなども設置する必要があります。

定期的に、ペーパーの補充やタオルの洗濯が必要になることも覚えておくといいですね。

 

意外と面倒なこともあるんだね。

でも、掃除や洗濯が好きな人なら何も問題はなさそうだね!

ちなみに、トイレに水道を付けた際は、トイレのタンクの上から出る水って要らない気はしませんか?

完全なタンクレス(水を溜めておくためのものがボコッと出ないもの)水道部分のみ撤去されているものなど、トイレのメーカーでもいろいろ出ています。

 

ただし、価格も全くといっていいほど違うので、注文住宅の設備で絶対に譲れないものであるかどうかを見直してみましょう。

 

これ、うちのトイレです。

水のタンクはあるけど、上の水道部分は撤去してあります。

我が家のトイレ

注文住宅はお金がかかる!トイレと手洗いカウンターの参考価格

注文住宅の計画を立てていると色々なところに費用がかかるので、「トイレは標準のものでいいかな」と思う方もいらっしゃると思います。

 

ここではトイレのあれこれにかかる価格を、あくまで参考価格でご紹介します。

LIXIL カウンターキャビネットタイプ(左右共通)

ペーパーホルダーが2つ付いていて、スリムに設置することができるのでトイレのスペースがそれほど大きくなくても取り入れやすいです。

 

色は、洗面台の色・扉の色共に10種ずつと豊富です。

参考価格は、94,000円となっています。

 

製品によっては、サニタリーボックスが付いているものがあったり、操作するためのリモコンがおしゃれなのもLIXILの良さです。

 

TOTO ウォシュレット一体形便器 ネオレストAH2W/CES9898R#NW1

TOTOはトイレメーカーの中でも有名ですが、その理由は節水・節電にあります。

 

トイレの水を流す際、「大」「小」どちらかになっていることがほとんどですが、TOTOのトイレは「ECO」というボタンも付いていて、それを押すと、3リットル程度の水で洗浄をしてくれます。

実際に使用していますが、ECOでもスルンとしっかり流れてくれますよ!

 

ネオレストは、ほかにもさまざまな機能があり、便座とノズルをきれいに保つ、便座のつなぎ目がないなどです。

使う度に自動で便座やノズルを除菌してくれるので、次に使う際も気持ちがいいです。

タンクが隠れるようになっているので、見た目もスッキリしています。

 

なお、こちらの参考価格は400,000円です。

TOTOのトイレはかなりハイグレードのものをご紹介しましたが、上記のものよりも機能が少ないものを選ぶと、費用を抑えることも十分可能です。

資金計画にかんしてはこちらも参考にしていただければと思います。

 

www.kenkoukirei.info

 

トイレの床はどうする?掃除のしやすさを考慮しよう

注文住宅の計画をする際に、トイレの床は範囲狭いのでそれほど重要視している方はいないのかもしれません。

しかし、トイレはみんなが使うところであり、よく汚れるとこですから掃除のしやすさを考慮するとよいのかもしれません。

 

例えば、家のほとんどの床が無垢材かフローリング材であったとしても、トイレや脱衣所などの濡れやすかったり汚れやすかったりするところは、クッションフロアにする方もいます。

しかしクッションフロアは、水に強く衝撃にもある程度強い上にデザインも豊富なのですが、変色してしまう恐れがあります。

 

特にゴム系の素材(子供用の椅子の足の先に付いているようなもの)などを置いたままにしておくと、その部分だけ黄ばんでしまうことがあります。

「その汚れはどんなものでこすっても取れない」と困っている方が結構いたので、注意したいですね。

 

それならば、タカラスタンダードから出ているホーロー製の床材を取り入れてみるとよいでしょう。

ホーローは金タワシでこすっても傷が付かず、油性ペンの強い汚れも洗剤で落とすことが可能な特殊な素材です。

 

ただし、お値段はそれなりなので、予算と相談しましょう。

一度検討しましたが、トイレのみで15万程…洗濯機買えるやん!!ってことで即諦めました

夢の注文住宅が完成!トイレに必要なもの!

注文住宅が完成したら住み始めますが、トイレのグッズはすぐにでも必要です。

 

買い忘れがないようにしておきたいですが、ここでは買って良かったものをあげていきます。

johnson スクラビングバブル 流せるトイレブラシ

トイレ掃除用のブラシは何度も使用するため、不衛生に思う方もいるはずです。

 

流せるトイレブラシは圧縮した綿のようなものに洗剤がしみ込んでいるので、それがあれば洗剤要らずでトイレを清掃することができます。

そして、掃除が終わった後は綿を止めていたロックを解除して、TOTOの「ECO」ボタンでさーっと流して終了です。

 

綿を挟むための棒は専用のものが同メーカーから出ていますが、ニトリなどでも似たようなものが販売されています。

参考価格は1,058円です。

?

LEC 激落ちくん 流せる除菌トイレクリーナー

激落ちくんに信頼を置いている方も多いはず。

 

私もその1人ですが、トイレクリーナーも超激落ちです。

しかも、パッケージから取り出すときにちぎれにくくなっているので、忙しい掃除の時間を手間取らせません。

 

表面の凹凸がしっかりと汚れを絡め取ってくれ、一枚で全部きれいにできちゃう優れものです。

参考価格は387円(税込)です。

トイレはみんなが使うところ!

トイレはよく使用するところなので、いつでも気持ちよく過ごすことができるようにしたいですね。

こちらの記事では、間取りや手洗いカウンター、トイレの機能などについてもお話ししたので、参考にしてもらえたら嬉しいです。